猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

茶太朗との別れ、そしてクララとも…… ~キジトラのクララのお話 後編~

f:id:masami_takasu:20171022000716j:plain

撮影&文:三毛ランジェロの保護猫日記

前話からの続きです。

クララは、最初はとても人を警戒していたのですが、元々人からの暴力を振るわれたことが無かったのでしょう。我が家にきてから、すぐにゴロゴロ懐いてくれました。

それに比べて茶太郎は、異常なほど人の手を怖がりました。
特に人の手が動くたびに、頭をすくめで固まってしまう姿は、見ていてとても悲しいものでした。よほど怖くて痛い思いをしたのではないかと、動物病院の先生もおっしゃっていたほどです。

私と家族は茶太朗に対し、人と人の手が怖いものではなく、優しいものであることを理解してもらうために、根気強く接し続けました。

 

f:id:masami_takasu:20171022000750j:plain

クララと茶太郎が、我が家での生活にも慣れてきた頃、うちの家族の思いつきで、茶太郎はバッハと改名しました。茶太郎にはバッハのような貫禄があったのと、その動きがメヌエットの音楽に合うと思ったからだそうです。

バッハはとても臆病でしたが、餌も良く食べ、良く遊び、クララの可愛いお兄ちゃんと言う感じでした。そしてそれからすぐに吉報が舞い込みました。

バッハが自分から心を開くまでゆっくり待ちたいという、理解のあるご家族に見初められたのです。バッハは、その家の家族になることが決まりました。

それはとても嬉しいことなのですが、私はクララのことが気になりました。いつも一緒だったバッハがいなくなって、大丈夫だろうかと心配したのです。

 

f:id:masami_takasu:20171022000836j:plain

やがて、バッハとのお別れの日がやってきました。

ずっとクララに寄り添い、仲良しだったバッハは新しい家族のもとへ。
そしてクララは、また一匹だけになってしまいました。

クララは一体どうなるのだろう?
私も家族も心配しながら、クララを見守りました。

しかし――

人間の温かみに触れたクララには、もう心配はなかったようです。それからのクララは、人間にベッタリの甘えん坊になってしまったのです。

 

f:id:masami_takasu:20171022000911j:plain

私たちの色んな心配事をよそに、我が家に慣れてくれたクララ。
そんなクララにも、とうとうお別れの日がやってきます。

クララはしばらくして、避妊手術を受けたのですが、それが終わってほどなくして、新しい飼い主さんへの正式譲渡が決まったのです。

可愛すぎて、いっそうちの子にと私も家族も、何度も誘惑に負けそうになりました。
しかしクララは、神様が結んでいた赤い糸をちゃんと手繰り寄せて、とても優しいパパとママと新しいスタートをさせることになったのです。

 

f:id:masami_takasu:20171022001013j:plain

「クララでないとダメだ」
そう言って、遠い所から迎えにきてくれたご夫婦
ご主人は海外の方です。

ご夫妻は、ご主人のお国のお茶やお菓子をお待ち下さり、クララにかかった医療費まで負担をして下さいました。

怖がりなクララは、いつもは知らない人が来ると、サッとカーテンの裏や段ボール箱に隠れてしまいます。しかしどうしたことか、この日は逃げだす素振りも見せません。そればかりか、しばらくしたら、大人しくご夫婦にだっこされてしまいました。

これには、私も家族もびっくりです。
クララはちゃんと、本当の自分の家族がわかったんですね。

 

f:id:masami_takasu:20171022001034j:plain

足の先っぽがないクララ。
だけどそれ以上に、たくさんの魅力を持っているクララ。

今までにはツライこともあったけれど、もうこれからは、優しいご夫婦の愛情に包まれて幸せになることでしょう。

天使のようなクララを、今でもたまに思い出します。

~クララのその後については、新しい飼い主さんからお便りをいただいています。それはまた改めまして~

――おしまい――

 

文:三毛ランジェロの保護猫日記

※本記事は著作者の許可を得て、リライト及び再構成されたものです。

――以下は、前編です――

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:masami_takasu:20171012001610g:plain

ブログランキング・にほんブログ村へ