猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

【プラズマ細胞性肢端皮膚炎】【肉球】意外に知らない肉球の病気 ~肉球は好きだけれど、病気は駄目~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。

肉球が好きな飼い主さんって多いけど、犬の肉球と猫の肉球って、違うんだよ。知ってた? 今日はそんな、肉球の病気のお話です。

f:id:masami_takasu:20171105145158g:plain

撮影&文:ハナちゃんママ

猫ちゃんの肉球ってプニュピニュで気持ちいいですよね。
あのピンク色の柔らかい肉球、大好きです。

f:id:masami_takasu:20180211013031j:plain

時々、肉球のケガの診察をすることがありますが、
あまり知られていない猫の肉球の病気があります。

猫プラズマ細胞性肢端皮膚炎 という病気です。

 

肉球がブヨブヨと膨らみ始め、だんだん大きくなりパンパンになります。
最初は、痛みも痒みもないのですが、悪化すると肉球が破れて出血したりなかなか
傷口がふさがりません。

飼い主さんは、ケガをした、やけどしたと思うみたいです。

※以下、患部の写真が載っています。苦手な方は、閲覧にご注意を。

f:id:masami_takasu:20180211013252j:plain

右の肉球は、敗れて盛り上がっています。出血がかなりあります。
左の肉球は、ブヨブヨした状態です。

f:id:masami_takasu:20180211013946j:plain

右側の肉球は、正常な肉球です。
原因が不明で、有効な治療法がありません。

肉球を保護したり、悪化してしまったら、ステロイド剤などの免疫抑制剤を投与するか、外科的な処置をするかです。

猫ちゃんがいたら、肉球をまじまじ、見てみて下さい。

――おまけ――

これはうちのハナ(犬)の肉球です。

f:id:masami_takasu:20180211013837j:plain

f:id:masami_takasu:20180211014106j:plain
きったねぇ~

■読者からの質問:
最後のきったね~(~_~;)って…爆笑w
声出して笑っちゃったじゃないですか(笑)
癒しの肉球の中にも病気があったりするんですね。
うちの子(犬)は、年期の入ったような肉球してます。
しかも左の肉球はヒビ割れでガサガサして、時にはパックリ割れします( ; ; )
■ハナちゃんママからの回答:
コメントありがとうごいます。
ニャンコの肉球は、本当に可愛いですが、ハナは、角質化してカチカチです。
私もかかとの手入れには気を付けています。

ハナちゃんママからアドバイス

この病気は、原因がはっきりしていませんが、なんらかの免疫反応の結果として起きているといわれています。

場合によっては、何もしなくても自然治癒することもあるようです。
悪化すると肉球がどんどん腫れて破れてしまいます。こうなってしまうと、出血や痛みを伴うようになってしまします。

おかしいと感じ たら早めに是非受診して下さい。

――編集部より――

ここでご紹介したものは、病気の基礎的な知識です。もしもご家庭のネコちゃん、ワンちゃんに該当する症状があったら、すぐに動物病院を受診なさってください。

皆様の愛猫、愛犬の健康を祈って

 

――いつもやさしい、ハナちゃんママの動物病院はこちら――

f:id:masami_takasu:20171105145302j:plain
日光どうぶつ病院

――次話――

近日配信いたします。

――前話です――

――犬の闘病記です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:masami_takasu:20171012001610g:plain

ブログランキング・にほんブログ村へ