猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

【怪我】【エリザベスカラー】半野良の猫ちゃんの怪我 ~エリザベスカラーが使えたら良かったのに~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。

今日は病気では無くて、怪我のお話です。怪我って舐めちゃうと治りにくいから、工夫してあげてくださいね。わたしの付けているエリザベスカラー、素敵でしょ?

f:id:masami_takasu:20171105145158g:plain

撮影&文:ハナちゃんママ

1ケ月前に、半ノラ猫ちゃんが飛節部(かかと)の傷で来院しました。
連れて来たのは、ご近所でこの猫ちゃんの面倒を見てあげている方。

1cm未満の小さな穴があいていて。
洗浄と消毒、注射をして、内服薬を処方しました。

「エリザベスカラーは、ノラ猫だし可愛そう」
とのことだったので、
「何か舐めない工夫をしてあがて下さい」
とお願いしておきました。

――それから、1ケ月後――

やはり、傷をなめてしまい治りませんとのことで、再来院。

薬もあれから中止しているので、傷口は化膿しています。
足は腫れて、熱が40.6℃ 
体重は500g減って脱水もあり、体力も落ちて、良くない状態です。

もう、これ以上は自宅では無理ということで、入院治療となりました。

傷口からでている膿汁から、菌の感受性試験を行い、効果のある抗生剤を選択します。

f:id:masami_takasu:20180228194908j:plain
菌の感受性試験

ディスク(白い丸い紙)には、それぞれ別々の抗生剤が塗り込められています。
つまり、菌の繁殖が起こらなかったディスクの抗生剤は、感受性があるということになるわけです。

右側の培地は比較的、抗生剤が効いているようです。
今回は、右側の培地の中央と右下のディスクの抗生剤をチョイスします。

傷口の内部には空洞ができ、膿がたまっています。
強酸性水で中を洗浄します。

f:id:masami_takasu:20180228195402j:plain
洗浄

入院治療なので、経過観察もしっかりできます。

今回は、マヌカハニー550で殺菌してみます。

f:id:masami_takasu:20180228195743j:plain

f:id:masami_takasu:20180228195810j:plain
傷口から内部へ注入します

 ●

f:id:masami_takasu:20180228200029j:plain

f:id:masami_takasu:20180228200221j:plain
あふれ出ないようにバンテージを巻ます

 ●

選択された感受性のある抗生剤治療と並行しながらの治療です。
毎日、これを繰り返し良くなれば、傷を縫合したいです。

早く退院したいよね!  

看板犬のハナはというと

f:id:masami_takasu:20180228201540j:plain
すごい怖い寝顔でびっくり!
私もコポーも ガンミ してしまった!

うわぁ~  こわい!
ハナばぁの寝顔ってこわいよ

f:id:masami_takasu:20180228201713j:plain
うなされてたんだよ~

ハナちゃんママからアドバイス

動物は舐めて治すと言われますが、傷によっては舐める事でどんどん悪くしてしまう事もあります。
カラーを付けると可哀そうだからと、外してしまったり、小さく切ってしまったりする飼い主さんもいます。

結果として傷の治りが悪くなることもあります。

 

――編集部より――

ここでご紹介したものは、病気の基礎的な知識です。もしもご家庭のネコちゃん、ワンちゃんに該当する症状があったら、すぐに動物病院を受診なさってください。

皆様の愛猫、愛犬の健康を祈って

 

――いつもやさしい、ハナちゃんママの動物病院はこちら――

f:id:masami_takasu:20171105145302j:plain
日光どうぶつ病院

――次話――

近日公開します。

――前話です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:masami_takasu:20171012001610g:plain

ブログランキング・にほんブログ村へ