猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

虹を掛けるために降る雨 ~歌うたいの猫/虹の橋の猫(第11話)~

f:id:masami_takasu:20171130232955p:plainイラスト&文:水玉猫

歌うたいの猫は、虹の橋に着いたばかりの仔猫たちに、言いました。
「雨が、降ってくるよ」

仔猫たちは、空を見上げました。

黒い仔猫の鼻に、ポツンと、雨粒が落ち、
白い仔猫の耳に、ポツンポツンと落ちて、
灰色の仔猫のヒゲに、ポツンポツンポツンと落ちました。

ざあーっと、雨が降り出しました。

歌うたいの猫は、ブランコから飛び降りると、公園の中に駆け出しました。
黒い仔猫と白い仔猫も、歌うたいの猫の後ろについて駆け出しました。
でも、灰色の仔猫だけは、うつむいたまま、動こうとしませんでした。
歌うたいの猫は、急いで灰色の仔猫の元に戻り、仔猫の手を引いて、大きな葉っぱが生い茂るところまで、走っていきました。

黒い仔猫と白い仔猫も、歌うたいの猫に続いて、葉っぱの下に駆け込みました。

葉っぱはとても大きくて、十分に雨宿りができました。

雨は激しさをまし、周りの景色もすっかりかすんで、遠くは見えなくなってしまいました。

黒い仔猫が、歌うたいの猫に、たずねました。
「どうして、雨が降るってわかったの?」

歌うたいの猫は、答えました。
「雨が降れば、虹が架かるでしょ。雨は、虹を架けるために降るんだから」

白い仔猫が、たずねました。
「どうして、虹を架けなきゃならないの?」

歌うたいの猫は、答えました。
「橋をかけるためにさ。ここは虹の橋なんだもの」
 
歌うたいの猫は、灰色の仔猫を見ました。今度は、他の仔猫たちのように、何か、たずねるかと思ったのです。
でも、灰色の仔猫は、歌うたいの猫を見ようともせず、葉っぱの下にいたカエルを見つけると、その方ばかり見ていました。

黒い仔猫と白い仔猫が、また、歌うたいの猫に、たずねました。

「ここが、虹の橋なのは知っているよ。でも、橋ってなあに?」

「橋ってどこかから、どこかに架けるんでしょ? 虹の橋って、どこからどこに架けるの?」

歌うたいの猫は、ふたりの仔猫たちの問いには答えず、うたいはじめました。

ザーザーと激しかった雨は、まるで歌に合わせるように、次第に静かな雨になっていきました――

――歌うたいの猫/虹の橋の猫(第11話)・つづく――

作:水玉猫

――次話です――

――前話です――

まとめ読み|虹の橋の猫 ②
この記事は、下記のまとめ読みでも読むことが出来ます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――第2章のはじまり(第8話)です――

――この物語の第1話です――

――おすすめの記事です――