猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

鳴らない鈴と灰色の猫 ~歌うたいの猫/虹の橋の猫(第15話)~

f:id:masami_takasu:20171208103516p:plainイラスト&文:水玉猫

静かだった雨が、激しくなります。

黒い仔猫と白い仔猫は、いきなり大声で泣き出した灰色の仔猫に、どう声をかけたらいいのかわかりません。ただオロオロするばかりです。

黒い仔猫と白い仔猫は助けを求めて、歌うたいの猫を見ました。

歌うたいの猫は、静かに、歌い始めました。
でも、激しい雨音に、歌声は呑まれ、掻(か)き消されてしまいます。

黒い仔猫と白い仔猫は居ても立っても居られなくなり、歌うたいの猫といっしょに歌いだしました。
三つの歌声に合わせ、三つの鈴の音も高くなっていきます。

鈴の音が高くなるにつれ、歌声は、雨音にも負けず、優しく強く雨の中に流れていきました。

でも、灰色の仔猫は耳をふさいだまま、泣きじゃくりながら叫びました。
「ぼくは、鈴の音なんて聞きたくない!声なんて聞きたくない!ぼくの鈴には、地上の声なんて入っていない!入っていたって、絶対に聞きたくない!ぼくは、聞きたくないんだ!」

黒い仔猫と白い仔猫はびっくりして、歌うのをやめました。
雨の中に聞こえる歌声は、歌うたいの猫だけになりました。

「虹の橋行きのお船に乗るまで、ずっと、怖いことや苦しいことばっかりだったもの!ぼくを追い払ったり、ぼくを怒ったりする声なんて、もう、いやだ!絶対に、絶対に、もう二度と聞きたくない!」

灰色の仔猫は、これまでのつらかったことを振り払うように頭を激しく振りましたが、首の鈴は少しも音を立てませんでした。

黒い仔猫と白い仔猫も、泣き出してしまいました。

灰色の仔猫は、地上ではずっと野良猫だったのです。
黒い仔猫と白い仔猫のように、安心して眠れる暖かいお家が一度も地上では見付からなかったのです。
ただ、一日一日を一生懸命に生きていただけなのに、どこにも居場所がなくて、いつだってじゃまにされ、いじめられ、追い払われ続けて、虹の橋にやってきたのです。

灰色の仔猫の鈴の中に入っているものが、地上の人々の怒鳴り声だなんてあまりにもつらすぎます。
ならば、灰色の仔猫の鈴が音を立てないのは、まだしもの慰めなのかもしれません。

でも、歌うたいの猫は、歌い続けます。
凛と優しく、歌い続けます。
鈴の音に合わせ、歌い続けます。
まるで、灰色の仔猫の鈴を鳴らそうとしているかのように――

黒い仔猫と白い仔猫の鈴も、鳴り続けています。
ふたりの仔猫も、泣きながら、また歌い始めました。
仔猫たちは、灰色の猫の鈴から罵声や怒鳴り声を消し去り、優しく温かい自分たちの鈴の音を少しでも分けてあげたいと願い、歌い始めたのです。

雨音の中を流れる歌声に包まれ、灰色の猫は、いつしか眠ってしまいました。

さんにんの猫たちは、灰色の仔猫を見守りながら、自分たちの鈴の音に合わせ、歌い続けます。

ずっと、灰色の仔猫のそばにいたカエルが、ふいに、雨の中をどこかに飛び跳ねていきました――

 

――歌うたいの猫/虹の橋の猫(第15話)・つづく――

作:水玉猫

――次話です――

――前話です――