猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

【閉尿】【尿石症】オシッコが詰まったら大変だあ ~寒い時期、猫も犬も男の子が要注意~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。

今日はオシッコがつまってしまう病気、閉尿のお話です。寒い時期に増える病気。猫も犬も男の子に多いんですよ。飼い主さん、気を付けてあげてくださいね。
(注:手術の写真が含まれます)

f:id:masami_takasu:20171105145158g:plain撮影&文:ハナちゃんママ

寒い時期は、膀胱炎が多くなります。
とくに、オス犬、オス猫では、オシッコが詰まってしまう、閉尿になることがあります。
尿閉になると、尿毒症となり、命にかかわってきます。

f:id:masami_takasu:20180207155228j:plain

以前から、尿石症をもっていた猫のMくんは、9月にも尿閉で当院に入院しました。

閉尿は体質や肥満、運動不足などいろいろな原因で起こるため、対処方としては、とにかく処方食を食べていくことと、定期的な尿検査が必要となります。

9月から、連絡がなくなってしまったMくんには、電話で様子を尋ねてみましたが、やっぱりその後も音沙汰がなく、先週の土曜日に、突然、調子が悪いと連絡が入りました。

今回も9月と同じで、オシッコが出にくくなっています。
9月と同じ入院治療では、同じことの繰り返しになってしまうでしょう。

私は、手術を勧めました。
男の子のMくんのオシッコの出口を女の子の出口のように広げる手術です。

この手術は、予防をしても繰り返しやすい場合や、飼い主さんの都合で、なかなか予防をできない場合に行うことがあります。

正式な名称は、会陰尿道廔設置術という手術です。

※以下、手術の写真が載っています。苦手な方は、閲覧にご注意を。

まずは尿道カテーテルを入れて、膀胱にたまった尿をだします。

f:id:masami_takasu:20180207155557j:plain


術前の患部。尿道カテーテルで尿道を確保しておきます。

f:id:masami_takasu:20180207155658j:plain

 

※手術の写真が苦手な方もいらっしゃいますので、ここからは図式にて説明します。

陰茎を骨盤付着部から分離して、骨盤部尿道を周囲の組織から十分に分離します。
そして、陰茎の先端から骨盤部まで尿道を切開します。

f:id:masami_takasu:20180207155808j:plain

 

尿道骨盤部を肛門の下の皮膚に縫合します。

f:id:masami_takasu:20180207160126j:plain

 

尿道粘膜を広げるようにして会陰部の皮膚に補剛する。

 

f:id:masami_takasu:20180207160257j:plain

f:id:masami_takasu:20180207160317j:plain


大きな尿道口が形成されたことを確認して終了です。

f:id:masami_takasu:20180207160350j:plain


肛門の下に新しい尿道口ができました。
男の子だけど、女の子のような形になります。

これで、オシッコは詰まりにくくなりますが、膀胱炎にならないような予防は今までどうり必要にはなります。  

Mくんの飼い主さんも、術後も気を付けて欲しいと思います。

 

f:id:masami_takasu:20180207160524j:plain

 

ハナちゃんママからアドバイス

Mくんは、術後は、ごはんを食べて、オシッコも良くでています。

尿石症は、調子が良いともう治ったと思い油断してしまいますが、また、再び、オシッコが詰まってしまうことが多いです。

手術までやらないで済むように気を付けてもらいたいです。

――編集部より――
ここでご紹介したものは、病気を疑ってみる初歩的な知識です。もしもご家庭のワンちゃん、ネコちゃんに該当する症状があったら、すぐに動物病院を受診なさってください。

皆様の愛犬、愛猫の健康を祈って
――いつもやさしい、ハナちゃんママの動物病院はこちら――
f:id:masami_takasu:20171105145302j:plain
日光どうぶつ病院

――次話――

――前話――

まとめ読み|ハナちゃんの動物病院 ②
この記事は、まとめ読みでも読むことが出来ます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――ハナちゃんの動物病院(猫)・初回の記事です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。