猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

【貧血】【輸血】風邪が長引くと思ったら、貧血でした ~重度の場合は、輸血しないといけません~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。

今日のお話は貧血と輸血のお話です。
前から風邪で来院していた猫ちゃん。なかなか具合がよくなりません。ママが調べたら、何と貧血なんだって。重度の場合は、輸血が必要らしいです。

実は輸血って大変なんです。人間と違って、血液センターがあるわけじゃないから。さて、ママはどうするのかな?

f:id:masami_takasu:20171105145158g:plain撮影&文:ハナちゃんママ 

猫風邪をこじらせて、調子の悪い猫ちゃん。
風邪の治療をしてもなかなかすっきりしません。

久しぶりに来院すると、貧血がかなり進んでいました。

猫ちゃんの血液の濃さ、ヘマトクリットの正常が32~45%のところ、なんと、この猫ちゃんは、9.9%です。

f:id:masami_takasu:20180328161739j:plain

舌の色も真っ白で、だるそうです。
エイズ陽性なのも心配です。

さっそく入院治療・輸血となりました。

f:id:masami_takasu:20180328162403j:plain

家では何もできないので、病院でやれるだけやって欲しいとの飼い主さんのご希望を受け、頑張ってみます。

で、血液を提供してくれたのが、こやつ

f:id:masami_takasu:20180328162419j:plain
年末から飼い主さんの放棄で、
病院であずかって治療をしてきた猫です。
今回、役に立ってもらいました

 ●

■読者からのコメント:
よかったですね!
身近にドナーがいて。
猫ちゃんの血液バンクはあるんでしょうか?
手術なので使いますよね‼︎
■ハナちゃんママからの回答:
コメントありがとうございます。
結局、病院の預かり猫ちゃんの血液だけでは不十分で2日後に飼い主さんの親戚の猫ちゃん2匹からも輸血しました。
少しでも元気になればいいです。 

● ● ●

 さて、看板犬のハナとコポー。
ファンヒーターの前は奪い合いです。

仲良く一緒に寝転んでいられれば一番良いけれど――

ハナが早い者勝ちでくつろいでいても、

f:id:masami_takasu:20180328170512j:plain

f:id:masami_takasu:20180328170522j:plain
すぐに妹のコポーに譲ってしまいます。

 ●

f:id:masami_takasu:20180328170614j:plain
ソファーの上でちょっと寒そうなハナです。

 ●

それから――
あやつ――

f:id:masami_takasu:20180328171150j:plain
フクと命名しました。

怪我もなおりホッとしていたら、尿石症が発覚。
本当に困ったものです。

 ●

ハナちゃんママからアドバイス

どこの病院にも、輸血用の犬や猫ちゃんがいるらしいです。
なかなか犬・猫用の血液が手に入らないからです。

ひどい貧血には輸血が必要になるので、早めに病気を見付けることが大切です。

――編集部より――

ここでご紹介したものは、病気の基礎的な知識です。もしもご家庭のネコちゃん、ワンちゃんに該当する症状があったら、すぐに動物病院を受診なさってください。

皆様の愛猫、愛犬の健康を祈って。

 

――いつもやさしい、ハナちゃんママの動物病院はこちら――

f:id:masami_takasu:20171105145302j:plain

日光どうぶつ病院

――次話です――

――前話です――

――関連記事です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。