猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

【看取り】【腎不全】10月6日 奇跡の時 ~ボスの旅立ち(8/10)~

f:id:masami_takasu:20180610094811j:plain撮影&文:ボスのかあちゃん

10月6日 この日、奇跡が起きました

金曜日は、私のお休みの日です。
私は一日中、ボスにべったりでした。

それは、心地の良い、暖かい日差しが入る中でのことでした。
それまで 寝たきりだったボスが、突然に上半身を起こした のです。

 

f:id:masami_takasu:20180610094940j:plain

私は びっくりしました。
ボスは自分の上半身を支えるため、手を大きく広げて起き上がりました。

「無理するな!」
私は思わず、声を上げてしまいました。


f:id:masami_takasu:20180610095225j:plain

起き上がったボスは、部屋の中をゆっくり見回しました。
まるで 何かを確かめるように――

 

f:id:masami_takasu:20180610095943j:plain

「部屋の中にあるものは、全部お前のものだよ」
私は ボスに声を掛けました。
そう言いながら、私は涙が止まりませんでした。

覚悟はしていました。
これは、お別れのサインなんだなと――

f:id:masami_takasu:20180610095601j:plain

ボスは今、自分の一生を振り返っているのだと思いました。
この時のボスの顔は、今までと違い、キリっとカッコよかった。
10分ほどそうしていて、またボスは眠りにつきました。

 

f:id:masami_takasu:20180610100257j:plain

ボスが寝付くまで、私はずっと撫ぜ続けました。
日向ぼっこが大好きだったボス。

秋の日差しに包まれた、最後のひなたぼっこでした。

 

――ボスの旅立ち(8/10)つづく――

文:ボスのかあちゃん

――次話――

――前話――

――この連載の1話目です――

――同じ作者の記事です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。