猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

【リンパ腫】1月29日 のびのびー ~4クール目(8/12)~

「その日」がくるまで生きようず!
f:id:masami_takasu:20180928170714j:plain文:miyakonokaori (本記事は2014年に執筆されたものです)

飼い主が生活リズムを整えている本日、
猫さんは食欲はいつもよりないものの、穏やかでいてくれています。

おなかの腫瘍を冷やしたいのか、
猫さんはベッドからはみでてフローリングにのびのびになるのがお気に入り。

みよ~ん♪
f:id:masami_takasu:20180928153215j:plain

血液が増えているような感覚は今のところまだない…かな。
なるべくなら輸血はしないで、頑張ってほしいんだけどなー。

朝のお薬はひとつ飲みそびれましたが、吐き出したのは食欲増進剤だったので、
ストックから出して飲ませ、無事すべて体内へ。

その後のシリンジなんだよなぁ…うちの猫さんの場合は(泣)
なぜそんなにも抵抗するのかというほど暴れる!!

なので、シリンジで与えるキラキラ水素とコルディM、一日合計4度は毎度戦争です。
最近はペットチニックとDフラクションを混ぜたウエットも、
いまいち食べなくなってしまったので、こっちも補うならシリンジ…ああ…

このストレスもハンパなさそうだし、錠剤にしたいけれど、
猫さんは水分を摂らないので、補給の役割も大きいので、やめることはできないんだなぁ。

 

f:id:masami_takasu:20180928170753j:plain

病院で自宅での皮下輸液の話がでたときに先生が、
「あ、でもこの子はちょっと素早いので、難しいかもしれないです」
とボソッとおっしゃいましたが、点滴のときも最初は暴れているんだろうなー…やれやれ。

パーーーッ!
f:id:masami_takasu:20180928153357j:plain

すべて終わったあとは、足の肉球すべて開いてリラックスの猫さん。
毎日のことだから、シリンジのストレスにも慣れてくれているかなあ…

とりあえず、明日から錠剤のイペットSを、朝と夜の2回にしてみよう。
食欲が戻ってくるといいなあ

 

――【リンパ腫】4クール目(8/12)・つづく――

文:miyakonokaori

――次話――

――前話――

まとめ読み|抗がん剤治療 ⑩- 4クール目
この記事は、下記のまとめ読みでもご覧になれます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の1話目です――

――この連載の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。