猫の話をしようか

Withcat 猫と飼い主の絆について

【リンパ腫】2月28日朝 「そのとき」を前に ~レスキュー2回目(19/26)~

「その日」がくるまで生きようず!
f:id:masami_takasu:20181215170628j:plain文:miyakonokaori (本記事は2014年に執筆されたものです)

猫さん、3時の約4mlの強制給餌が消化しきれず、ずっと気持ち悪そうにしていましたが、眠ることもできず、気持ち悪くて動き回るばかり……

あまりにもつらそうで、これは吐かせてしまったほうがいい、と思い、水を飲ませました。

 吐きました。コップ2杯分ぐらいの水分状のものを。

ここまでを見てきて、飼い主はようやく「もういい」と思いました。
たった4mlの流動食すら消化できないのが、副作用のせいだけのはずがありません。
もう生命を維持するラインが途切れた、ということでしょう。

だとしたら、無理して給餌しても苦しめるだけ。
もう強制給餌はやめます。
水分がなくなると苦しいらしいので、お水だけはなんとか補給してあげたいけれど…。

ほんとうに頑張ってくれました。
あとは神様が空へ呼ぶのを待つばかりです。

少し落ち着いた頃、カーテンを開けて空を見せました。


お空、明るくてきれい
あっちに行くの?

f:id:masami_takasu:20181215171013j:plain
そうだね。
あっちの世界にいったら、
またたくさん遊べるよ

おかーさんもいつか行くから、
そのときまでにちゃんと上手に
猫じゃらしを使えるようになっておくからね

「遊んで」と、猫じゃらしを持ってきても、私はAちゃんみたいにうまくできなかったから、すぐにやめちゃってごめんね。

またお空で会えたら、そのときはあなたが飽きるまで、いっしょに遊ぶからね。
待っててね。

何度も何度も何度も言ってきたけど、まだ言うよ。
大好きだよ、ソーニャ。

 

――【リンパ腫】レスキュー2回目(19/26)・つづく――

文:miyakonokaori

――次話――

――前話――

まとめ読み|抗がん剤治療 ⑬-レスキュー2回目(3/4)
この記事は、下記のまとめ読みでもご覧になれます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の1話目です――

――この連載の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

© 2017 Peachy All rights reserved.