猫の話をしようか

Withcat 猫と飼い主の絆について

【リンパ腫】2月28日 夜 「強制給餌をしない」と決めて ~レスキュー2回目(20/26)~

「その日」がくるまで生きようず!
f:id:masami_takasu:20181215171916j:plain文:miyakonokaori (本記事は2014年に執筆されたものです)

それが何を指すのか、飼い主は理解しているつもりです。
そしてあえて、それを受けいれようと思いました。

が……

朝のお薬でAちゃんが「どうしても」と、いつもの薬に加え、私が猫さんの負担を考えてスルーしてきた食欲増進剤を飲ませたいと言いました。

どっちにしても、もう食べられないだろうし、だったらここはAちゃんが後悔しないように、と「いいよ」と答えました。

しばらくして「食べたそうにしているから、あげたい」というので、強制給餌の流動食を、ほんのひとくち、ふたくちぐらいかな…飲ませました。
私は「たぶんこれも吐くかもな…」と思っていましたが……

 

f:id:masami_takasu:20181215172352j:plain

そして、それから10時間――

猫さん、まさかの自力で食事!!!!!

といっても、少しですが、まさかまさかの光景が!!!
(見たのはAちゃんで、私はまだ見れていないですが、自力でお水を飲んでいるところは見ました)

猫さん、食欲増進剤を飲ませるといつもそうなるように、ちょっと興奮気味ですが、気力が戻ってきたのか、自力でおトイレにも行ったそうです。

3月、迎えられそうです。
生きる力はすごい…

 

――【リンパ腫】レスキュー2回目(20/26)・つづく――

文:miyakonokaori

――次話――

――前話――

まとめ読み|抗がん剤治療 ⑬-レスキュー2回目(3/4)
この記事は、下記のまとめ読みでもご覧になれます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の1話目です――

――この連載の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。