猫の話をしようか

Withcat 猫と飼い主の絆について

【まとめ】犬派の僕が猫と暮らす理由 ⑧ ~ひとつの命を感じること(2/2)~

ひとつの命を感じること(2/2):38話~43話
犬派の僕が猫と暮らす理由

Review
カテゴリー:エッセイ
作者:紫藤 咲

ある日、ぼくはねこさんを拾った。
今までねこを飼ったことがない、ねこ素人のぼくが始めるねこさんとの暮らしは山あり、谷ありで……
生きることを諦めたねこさんと、ぼくの物語。
ねこを飼ったことがない人にも、ある人にも興味を持っていただければと思いつつ。
――紫藤 咲――

まとめ読み⑧は、第4クール目 ~ひとつの命を感じること~ の後半。
あの弱り切って瀕死の状態だったねこさんが、奇跡の回復を遂げた。
待望の仮退院を迎え、そして本当に退院。
目の前には、遊んでほしくて、元気に暴れまわるねこさん。
――ねこは、拾ってくれる人をちゃんと自分で選んで出てるという。
それが本当ならば――、ねこさんがぼくを選んでくれたというのならば――
ぼくも精いっぱいがんばろう。至らない飼い主であるけれど。

【目次】

 第4クール ひとつの命を感じること(後半)

38話|7/12|一時帰宅です

ねこさん仮退院の日。
迎えに行ったぼくは、まだ少しの不安。
でも、ねこさんは元気印だった。
そして、待望の仮退院!
家に着いたねこさんは、よほど嬉しかったのだろう。
駆けずり回って遊ぶ、遊ぶ、遊ぶ!
このまま退院まで行けるのかな?

39話|8/12|猫はい人を選ぶんです

ねこさん退院の予定日。
病院の待合室は、尋常でない程込み合っていた。
恐らく、随分と待たされるのだろう――
となると、やることは1つしかない。
他の飼い主さんとの情報交換である。
「もうねえ、ねこ貧乏よ」
と、話が始まったのだった。

40話|9/12|意外とたくさんいるじゃない?

ぼくは猫さんを拾ったことを、何か特別なことをしたように思っていた。
――しかし、獣医さんの待合室。
そこには『猫さん、拾いました』の話がごろごろしていた。
世の中は優しい人がたくさんいるんだと、感動したぼく。
でも、ちょっと違っていたかも。

41話|10/12|仮退院するのはいいけれど……

ねこさん、遂に退院の日。
仮退院ではなく、退院である。
診察室に連れてこられたねこさんは、至って元気で暴れている。
『退院だね』という医師の言葉。
――やった!
しかし、猫さんはその時、別の問題も抱えていたのである。
――いやぁぁぁぁっ!

42話|11/12|虫、駆虫します!

ねこさんのお腹の中に虫がいる――
退院はできたものの、次は虫との闘いだ。
検索でも調べてみた。
食欲不振、腹部のふくらみ、子猫の発達不良、体重減少
――わ、思い当たることばかり。
ぼくは青ざめた。

43話|12/12|お支払いの時間ですよ!

4章の最終話
ねこさん退院。とても嬉しいけれど、気になることがある。何かというと……、治療費のこと。
「猫は犬に比べたら、お金はあまりかからないよ」
先生にはそう言われたが、何しろ今回は入院だ。
諭吉様の人数が気になるぼくだった。

犬派の僕が猫と暮らす理由 ここまでの物語の構成 

第1クール ひとつの命を拾うこと 全10話
最2クール ひとつの命をはぐくむこと 全11話
最3クール ひとつの命をつなぐこと 全10話
最4クール ひとつの命を感じること 全12話

――ひとつの命を感じること(1/12~6/12)・つづく――

作:紫藤 咲
コメント:高栖匡躬

――次のまとめ読み――

第5クール公開後に制作する予定です。

――前のまとめ読み――

[32話~37話]
ねこさんの回復を祈るしかないぼく。
そんなぼくに、スピリチュアルな友人ハットリ君言う。
「たぶん、アイツ、元気になるよ」と。
普通の人間の言うことなら信用しないが、ハットリ君は別だ。
半信半疑で面会に行ったぼく。
ねこさんは「にゃー! にゃー!」と高速猫パンチを繰り出した。

――作者(紫藤咲)によるセルフコメンタリーです――

おすすめのまとめ読みはこちらです

www.withcat.site

www.withcat.site

 

© 2017 Peachy All rights reserved.