猫の話をしようか

Withcat 猫と飼い主の絆について

【まとめ】猫宅・44の物語 ③ ~まさかの出産ラッシュ~

まさかの出産ラッシュ
猫宅の話_扉③

Review
カテゴリー:エッセイ
作者:女神

猫宅の話は、一言で言うと、沢山猫を飼っている愛猫家の話である。
少々普通と違うのが、その数が少し我々の予想を超えていて、44匹もの数になっていることだ。

44匹ともなると、普通の一匹や二匹、或いは10匹くらいの多頭飼いの話とは趣が違う。とにかくスケールが大きいのである。
ちょっと考えてみればわかるだろう。普通の猫を飼っている家庭の一か月半分のフードを、猫宅は1日で消費してしまうのだから。

飼い主さんの”女神さん”はそれを、大河ドラマと称したが、まさにその通りだ。それは群像劇の趣で、群雄割拠の戦国時代ものとか、三国志のような印象を受ける。
もちろん、領土の取り合いなどはしないのだが、44匹の棲む猫宅では、きっと夜な夜なそれに似たような、猫同士の駆け引きがあるのではないだろうか?
そう想像するだけで、結構楽しめたりする。

女神さんは、きっとそれどころではないのだろうけれど

――本まとめ読みの概要――

本話では21匹だった猫宅の住人が、41匹まで増えます。その原因は脱走の常習者である月が、メス猫だけを集めていた女の子部屋の扉を開けてしまったこと。予期せぬ出産ラッシュが起きてしまうのです。21匹でさえお世話が大変だった猫宅は、どうなってしまうのか?

 11話 ~ 15話 

11話|脱走の常習犯、月

44の物語、今回は6番目の猫、月が巻き起こした大事件。
猫宅の出産ラッシュについて――
扉を開ける特技を身に着けた月。
女の子部屋の脱走事件が頻発します。
そして、3匹が妊娠していることが分かります。
「産まれてくる子には罪はない」 
それが私たち母娘の結論でした。

▶ここまでの猫宅の住人(29匹)
とら、茶々、華、雪、天、月、あずき、陸、空、みっけ、てっぺい、真白、ぱんだ、
麦、小麦、風子、キキ、ララ、ムー、彼女、4月
そして、ミント、 オレオ、ラテ、モカ、ココア、チョコ、いちご、五月

※風子が3匹を産み、小麦が3匹を産み、ムーが2匹を産みました。
※猫宅の住民は合計8匹増

風子の子を、ミント、 オレオ、ラテ
小麦の子を、モカ、ココア、チョコ
ムーの子を、いちご、五月と書いていつき

● 

12話|驚き!、まさかの出産、猫はすごい

44の物語、今回も猫宅には波乱が――
まずは具合の悪くなったミントの続報。
それから、新しく加わったキングのお話。
そして――、何と!
出産ラッシュで子猫を産んだばかりの風子が、再び妊娠し出産。
何故? 
『女の子部屋』には鍵がかかっていたのに。  

▶ここまでの猫宅の住人(34匹)
とら、茶々、華、雪、天、月、あずき、陸、空、みっけ、てっぺい、真白、ぱんだ、
麦、小麦、風子、キキ、ララ、ムー、彼女、4月、ミント、 オレオ、ラテ、モカ、
ココア、チョコ、いちご、五月
そして風子が今回産んだ子が5匹で、
キング、こぱん、バニラ、うさぎ、空(そら)
※お星さまになった青は入っていません。

● 

13話|来る猫あり、去る猫あり

44の物語、今回は出会いと別れ。
不思議と猫宅には、自分の方からやってくる猫がいます。
仲間がいることが、そして安全なことが分かるのでしょうか?
しかし、去る猫もいます。
陸と――
ずっとこのお話に登場したもう一人の主人公。
外猫のちゃー 

▶ここまでの猫宅の住人(35匹)
とら、茶々、華、雪、天、月、あずき、空、みっけ、てっぺい、真白、ぱんだ、麦、小麦、風子、キキ、ララ、ムー 、彼女、四月、ミント、 オレオ、ラテ、モカ、ココア、チョコ、いちご、五月、キング、こぱん、バニラ、うさぎ、空(そら)
そして、六月(ムック)、ポッキー

※六月(ムック)、ポッキーの2匹が増えて、陸が減りました。

● 

14話|押し掛けて居座ったカール

44の物語、今回は一気に住人が増えたお話。
ふらりと猫宅を訪れるようになった、三毛猫がいました。
最初はご飯をもらいにくるだけだったのに――
上がり込むようになり――
帰らなくなり――
やがて、台所を占拠してしまいました。
その子の名はカール。
妊娠していました。 

▶ここまでの猫宅の住人(41匹)
とら、茶々、華、雪、天、月、あずき、空、みっけ、てっぺい、真白、ぱんだ、麦、
小麦、風子、キキ、ララ、ムー 、彼女、四月、ミント、 オレオ、ラテ、モカ、
ココア、チョコ、いちご、五月、キング、こぱん、バニラ、うさぎ、空(そら)、
六月(ムック)、ポッキー
そしてカール一家の、カール、チェリー、ナッツ、みかん、きなこ、あんず

15話|毎日毎日が戦争、そして、さようなら彼女

44の物語、猫宅は毎日毎日が戦争だというお話。
40匹を超える猫達のお世話――
食費もさることながら、トイレの数も半端ではない。
食事、トイレ、掃除に明け暮れる毎日。
――いつも思うこと――
この子が最後 。
もう、増やさない。
今度はこれを守れるかな? 

▶ここまでの猫宅の住人(43匹)

とら、茶々、華、雪、天、月、あずき、空、みっけ、てっぺい、真白、ぱんだ、麦、小麦、風子、キキ、ララ、ムー 、四月、ミント、 オレオ、ラテ、モカ、ココア、チョコ、いちご、五月、キング、こぱん、バニラ、うさぎ、空(そら)、ポッキー、六月(ムック)、カール、チェリー、ナッツ、みかん、あんず、きなこ
そして――、かんな、やさい、いろは

※彼女が去って、かんなとやさい、いろはが増えました

保護はしているけれど、保護活動のつもりではない

このエッセイを書くときに、女神さんとはなんどかやりとりをした。

筆者は最初、保護活動家の話を書くものだと思っていた。しかし女神さんにはそんな意識はないようだ。

『猫宅』に猫が増える過程では、野良の子を保護してそれがだんだんと増えていくのだが、それはただ、捨て置けない子が目の前にいて、それを養える空間がたまたまあった。そして養える自分がいたということらしい。

記事を書きながら話を聞いていくと、確かにそれは保護活動ではなかった。
保護はしているが、保護活動ではないのだ。保護した猫をたくさん飼っているというだけのことだ。

おもしろいなあと思った。
話を聞けば聞くほど、興味と疑問が湧いてきた。
だから、記事はまだまだ続いていく。

――高栖匡躬――

――猫宅・44の物語 ③・つづく――

作:女神
コメント:高栖匡躬 
 ▶女神:全作品のご案内
  

――次のまとめ読み――

『猫宅』のまとめよみ、その4
初話はボス猫ポリスとの別れのお話。
猫宅の物語では、周囲に出没する個性的な野良猫たちについても語られています。
そして――
なんと猫宅に加わって間もないキングが難病に。
猫たちは、出会いと別れを繰り返していきます。

www.withcat.site

――前のまとめ読み――

『猫宅』のまとめよみ、その2
今回最初の第6話では、猫は6匹。
多いけれども、まだあり得るお話。
それが第10話になると、なんと21匹に。
もう”多い”では済まない数――
1匹1匹に物語がある、猫の大河ドラマ。
今も、現在進行形で続いています。

Withcatは猫宅の主催者、女神さんを応援しています。
アマゾンの欲しいものリストから、猫宅にフードやシートを贈れますよ。
※送り先は、『猫の秘密基地』をご指定下さい。 
猫宅

――猫宅のまとめ読み、初回です――

44匹の猫が住む家がある。それが『猫宅』
それを始めたのが女神さん。
「保護活動ですか?」と訊ねたら、「そんなつもりはないんです」と返ってきた。
お話を聞き始めたら、確かに保護活動ではない。保護はしているけれど。
そこに横たわるのは大きな物語だった。
猫たちの大河ドラマをお楽しみください。

 おすすめのまとめ読みです

ある日突然、猫を拾ったら

捨て猫にはある日、突然遭遇するもののようです。
いざ遭遇してしまったら、どうしたら良いと思いますか? 
体験談をまとめました。

「助けてあげたいけど、うちで飼えるのかな?」
そう思う方々に「大丈夫だよ」と、背中を押してあげる体験談があるといいなと思ってこの記事を作成しました。

もちろん、ハッピーエンドのお話ばかりではありません。
しかし、色々なケースを知ることで、本当に安心ができると思うのです。
読んでみてください。
どの記事にも、愛情が溢れています。

 

ようこそペットロス

ペットロスに悩む方は多いですね。
それは誰でも経験することで、筆者も経験があります。
”別れ”をどう捉えるかで、重かったり、軽かったりですが、必要以上にそれを嫌うこともないように思います。
ペットロスについて書いた記事のまとめです。

 

© 2017 Peachy All rights reserved.