猫の話をしようか

Withcat 猫と飼い主の絆について

犬派の僕が猫と暮らす理由 Complete ① ~1つの命を拾うこと(前半)~

ひとつの命を拾うこと(1/2):1話~5話
犬派の僕が猫と暮らす理由

Review
カテゴリー:エッセイ
作者:紫藤 咲

ある日、ぼくはねこさんを拾った。
今までねこを飼ったことがない、ねこ素人のぼくが始めるねこさんとの暮らしは山あり、谷ありで……
生きることを諦めたねこさんと、ぼくの物語。
ねこを飼ったことがない人にも、ある人にも興味を持っていただければと思いつつ。
――紫藤 咲――

まとめ読み①は、第1クール目~1つの命を拾うこと~の前半。

紫藤咲さんのエッセイ、1話~5話までをまとめ読みです。
運命の日――
ぼくは猫を拾った。それが物語のスタート。
経験も知識もゼロ。
最初は誰かに任すつもりだった。
だけど、猫さん……
考えてみようよ。
ひとつの命を救うこと。

運命の日――
ぼくは猫を拾った。

犬派だった著者が、猫を拾ってからの悪戦苦闘を描くエッセイ。
猫のいない日常に、飼ったこともない猫が入り込んでくる話。
はじまりは、里親探しから。

――当然、未経験。
「ぼくらの物語はこの日から始まった」

第2話|里親探しは難しい。安楽死の場合も ~2/10~

猫さんを連れ帰ったものの、ぼくの知識はゼロ。
性別。月齢。種別。すべて不明。
猫さん――、謎だらけ。

友人のハットリ君か、旧知の獣医さんに託そうとするのだが――
さて、託せるのか?
本当に?

猫さん、ときどきミーと鳴くばかり。

第3話|えっ、里親探しって有料なの? ~3/10~

里親探しをお願いするために、信頼する獣医さんを訪れたぼく。
快く迎えてはくれたものの、そこで現実を知ります。
「拾ってお願いしますと丸投げなら、誰だってできる」
と獣医さん。

――確かにそうだ。
考えてみようよ。
ひとつの命を救うこと。

第4話|えっ、自分で自分の目を、えぐることもあるの? ~4/10~

ねこさんの貰い手が見つかるまでは、自分で頑張ってみようと決めた、ぼく。
しかし、知らない事ばかり。
ノミの駆除も、爪を切ることも。

――そして結膜炎のこと。
獣医師の言葉に、思わず「まぢかよー」とぼく。

さあ、ここがスタートライン。

第5話|ミルク、排泄、ご対面、超難度続出 ~5/10~

ねこさんを家に連れて帰った、ぼく。
まずは先住犬とのご対面、なのだが――
――あかーん
次は、お腹のすいたねこさんにミルクを――
――ひぃっっっ
そして、次は排泄――
・・・

分からないことだらけ。
こうして1日が過ぎるのでした。
頑張れ新米飼い主!

『猫さん拾いました』に寄せて 

「この方のエッセイを読んでみてくれない?」
ある日、サイトの主宰からそう言われた。
猫を拾ってから苦悩し、そして奮闘する話だった。

拾ってしまった子猫との独特の距離感と、淡々とした口調が心地良い。
私好みだな、とすぐに感じた。

読み終えた後の、清涼感は、ちょっとしたミントタブレットのようだった。
一つの命に対して、過保護過ぎず、突き放しながらもとてもあったかい。
なんだかとても嬉しくなったのだった。

――樫村 慧――

――1つの命を救うこと・まとめ読み(前半)・続く――

作:紫藤 咲
 ▶ 作者の一言
 ▶ 紫藤 咲:猫の記事 ご紹介

コメント:高栖匡躬、樫村 慧

――犬派の僕が猫と暮らす理由・次回のまとめ読み―― 

目が、目ヤニでくっついていている。
食事のことも、排せつのことも分からないないことだらけ。
悪戦苦闘の連続。
「生きることを諦めている」
なぜか、友人のハットリ君の言葉が頭をよぎるのでした。

猫を拾うを考えてみる

猫を拾うということ|まとめ読み

生物全般に造詣が深い作者が書いた、”猫を拾う”ことをモチーフにしたエッセイ。
第3話までを、まとめ読みです。
深い知識と、広い視野を持つ作者から見ると、猫はまるで観察の対象にも思えるが、視線は愛情に溢れている。
動物記のように読む、猫のお話。
――おもしろい。

三毛ランジェロの保護日記:エッセイ編まとめ読み①

保護活動家、三毛ランジェロ氏のエッセイ集です。
まずは、自身が引き取った『夕(ゆう)』の話。
余命宣告を受けながら、楽しく過ごした日々、そして別れ――
Withcatのオープニング記事でした。
その他2話、計6記事です。

 

 

© 2017 Peachy All rights reserved.