猫の話をしようか

Withcat 猫と飼い主の絆について

主筆、および主な執筆者のプロフィール

Peachy 高栖匡躬 (Masami Takasu)

f:id:masami_takasu:20171024184945p:plain

神奈川県横浜市在住

得意分野:

犬、猫、動物(ただし、爬虫類は苦手)、コンピュータ、医療、農業など

某大学工学部を卒業後、当時黎明期だったビデオゲーム業界に。在籍中は企画、デザイン、プランナー。退職後は放送機器、デザインツールの開発、CGの技術開発、TVアニメの企画など、ビジュアル全般に携わる。

プロフィールの写真からも分かるように、筆者はもともと犬派で、私と猫との関わりは、そう長くはありません。友人が個人で行っている保護活動に触れるようになり、初めて猫のことを(それなりに)知るようになりました。

それまではというと、子供の頃に捨て猫を拾ってきて、親に内緒で納屋で育てた程度。当時は猫の飼い方などまるで知らず、家に会った煮干しや、ミルクを与えたくらいのことしかしませんでした。

やがてその子は、納屋から消えてしまい行方知れずに――
それから、ずっと猫とは縁がなかったのです。

さて、そんな筆者が縁あって、猫のサイトを始めるのは我ながら奇遇であるなあと思います。猫を知るきっかけは、友人の保護活動だと書きましたが、さらにその元を辿ると、友人とそのような付き合いをする切っ掛けとなったのは、我が家の愛犬ピーチーがいたからです。

動物と言うのは、人の縁をつなぐものなのだなあと、つくづく思うこの頃です。

Withdog『犬を飼うということ』にも(犬中心の)経歴を書きました。

愛犬紹介

ピーチー ミニチュア・ブルテリア

    (2001年8月26日生)ー(2015年3月29日天国へ)

 

高栖匡躬
 ▶ 作者の一言
 ▶ 高栖 匡躬:犬の記事 ご紹介
 ▶ 高栖 匡躬:猫の記事 ご紹介

 

Rikka

Rikka_アイコン
アイコンは愛犬の龍馬(りょうま)です。

 

 自己紹介とプロフィール

パーソナルデータ

東北地方在住

ちょっと得意なこと:
主に犬と動物に関すること。

経歴含めた少し得意なこと:
コールセンターの職歴長いので電話応対。携帯販売経験もあるので、その関係。ペットショップにも働いていたので、仔犬仔猫の生体管理経験もあります。

犬に関する資格

犬の管理栄養士の資格があります。

犬の管理栄養士_証書

普段は?

障害のある夫と、チワワ2匹と暮らす主婦です。
人より犬が好きで、あまり人付き合いは得意でないのですが、愛犬たちがいてくれる事で、何とか社会との接点保てております(笑)。

幼少期は犬漫画『銀牙〜流れ星銀〜』が大好きで、そこで沢山の犬種を覚え、同じく漫画『動物のお医者さん』を読んで、獣医師の仕事に憧れてました。10代後半には犬の訓練士を目指していくつかの警察犬訓練所を訪ねたりもしています。まぁ、これらは夢で終わりましたが、とにかく犬に関する事が小さな頃から大好きです。

好きな犬種はチワワを飼ってますが、ベルジアンタービュレン、グローネンダールが好きです。ほか、珍しい種類の犬を見かけると嬉しくて、興奮してしまいます(笑)
チワワは元々好きな種類でもないのですが、実生活はチワワばかり迎えています。今ではチワワの魅力にすっかり取り憑かれてしまっています。男の仔は人気がないと聞いてから、じゃああえて男の仔を迎えようと思った時から、なんとなく男の仔ばかりの縁があります。

愛犬たちには自分のできる範囲で、健康管理をきちんとしてあげたいという思いが強く、日々情報収集、勉強をしています。その一環で2019年に『犬の管理栄養士』資格を取得しました。

サイトに参加した経緯

文章を読むのも若い頃から好きでした。文章力は余りありませんが、書くのはそこまで苦ではありません。
過去ブログ(削除済み)時代には、愛犬の闘病記をチワワ専門誌に記事にして頂けたこともあり、良い思い出です。2018年、twitterを遅咲きに始め、そこからまた愛犬たちのブログを作り、with dog・catの存在を知り、サイトに参加しました。 

 

愛犬の紹介

龍馬 (りょうま)2019年5月現在 14歳オス  チワワ

ブリーダーの飼育放棄犬で3歳の頃に迎えました。
《治療中の病》
●腎結石、腎嚢胞有り、腎臓病予備軍のため、治療中。

●僧帽弁閉鎖不全

●【門脈低形成】〈その影響での病〉

・肝臓が通常の半分の大きさしかありません。

・胆泥

・クッシング症候群

●真性てんかん疑いの軽度発作があります。

 

六花(ろっか)2019年5月現在 2歳オス チワワ

近所のペットショップで1歳7カ月迄残っていたのを迎えた仔です。
お腹が弱く、ご飯選びが難しいです。換毛期に脱毛症状があります。

 

Rikka
 ▶ 作者の一言
 ▶ Rikka:犬の記事 ご紹介
 

 

© 2017 Peachy All rights reserved.