猫の話をしようか

Withcat 猫と飼い主の絆について

ご案内 ~このサイトの楽しみ方~

Withcat 『猫の話をしようか』にようこそ。

Withcat『猫の話をしようか』は、猫と人間との心の絆を、飼い主の目線で語る”読み物配信サイト”です。ペットと暮らす喜びだけでなく、深刻で複雑な飼い主さんの状況や、理解が難しい専門知識まで、かみ砕いて再構成し、”読みやすい文章" にしてご提供しています。沢山の情報が詰まっていますが、まずは当サイトの人気企画をご紹介しましょう。

老猫アルバム_最新へ

家族になったよ_猫_最新

うちの子がうちにくるまで_猫へ

みんなのまとめ読み_猫

みんなの闘病記_猫

ツイッターマガジンへ

週刊Withdog&Withcatへ

全記事一覧表示

 詳しいご紹介や、Withcat『猫の話をしようか』をもっと知るには、『続きを読む』のボタンを。

続きを読む

【まとめ】私の空、マナ !⑤ ~二人の未来を紡いでいこう(1/2)~【猫には猫の意志がある】

二人の未来を紡いでいこう:22話~26話
私の空、マナ_扉

Review
カテゴリー:エッセイ
作者:あおい空

――本まとめ読みの内容は――

第3章(全9話)~二人の未来を紡いでいこう~ その前半です。

第2章で、一度外に出てしまったマナですが、戻って来てからは次第に信頼関係が確かなものになっていきます。作者はマナのその姿を見て、自分の気持ちを理解するようになったと考えるようになります。

恐る恐るマナの気持ちを確かめる作者。
そして『マナが自分で、私と暮らすことを選んでいる!』と、確信するように――

一方でマナには、FIVに感染していないという可能性が僅かに残っていました。
再検査によってそれは明らかになるはずです。

さて、どうなる? マナと同居人。

続きを読む

【保護|ブログ】きっと歩けるようになる!~ねこさん、増えました(14話)~【手術は成功】

犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由
犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由

撮影&文|紫藤 咲
 
この作品は

ブログタイプのエッセイ作品で、面白いことが起きた時だけの不定期更新となります。
どうぞお楽しみください。

こんな方に:
猫の多頭飼いをしてみたい|多頭飼いは初めてだけれど、大丈夫だろうか?|経験者の体験談を読んでみたい

 ひとまず手術は成功

2018年10月1日。
手術を終えたライにぼくは会いに行った。
骨折した左足は肌が見えるまで毛が刈られた状態で、糸で縫われている。
舐めるといけないのでエリザベスカラーをつけたライは入院時に比べればずっと元気そうに見えた。

抱っこをすると震えていて、待合室のざわつきも落ち着かない様子だった。
それでも彼が息をしていてくれていることがぼくはとてつもなくうれしかった。

続きを読む

【非再生性免疫介在性貧血】さようなら、わはにゃ ~わはにゃを送る日(3/3)~【看取り】

わはにゃを送る日:非再生性免疫介在性貧血 看取り編
猫の看取り_わはにゃを送る日

撮影&文|Rinyan
 
この作品は

リンパ腫はほぼ完全寛解。目覚ましい治療成果を喜ぶ作者。
しかしながら、愛猫わはにゃには別の病気の影が忍び寄っていました。
数日前に一回だけした、軽いくしゃみと咳はその前兆だったのか?
刻々と容態が悪化していくわはにゃの体を、作者は沢山撫でてさすり続けるのでした。

こんな方に:
飼っている猫がリンパ腫と診断された|余命宣告を受けた|どのような治療法があるのか?|抗がん剤医療は有効か?|セカンドオピニオンを受けた方が良いか?|経験者の体験談を読んでみたい

 新しい異変

わはにゃは、抗がん剤治療の終了から1ヶ月経って検査を受けました。
問題はありません。経過は順調でした。
わはにゃは相変わらず、健康な猫と変わらずに元気に走り回っていました。

しかし、長いゴールデンウィークの最中のこと――
わはにゃは急に目やにが出始めて、少し元気が無くなってしまいました。
折り悪く、かかりつけ病院はお休みです。

続きを読む

【リンパ腫】抗がん剤治療(COPLA)と、完全寛解 ~わはにゃを送る日(2/3)~【闘病記】

わはにゃを送る日:リンパ腫編
猫の看取り_わはにゃを送る日

撮影&文|Rinyan
 
この作品は

愛猫わはにゃを、悪性リンパ腫と診断された作者。
『何があっても、この命を必ず守る』
その誓いが守れないことに、打ちひしがれます。
そして、様々な思いを抱えながらの闘病がはじまりました。
愛猫が苦しまないように、積極的な治療はせず、緩和治療だけを行いたいと考えた作者でしたが、セカンドオピニオンの中に、小さな希望を見つけるのでした。

こんな方に:
飼っている猫がリンパ腫と診断された|余命宣告を受けた|どのような治療法があるのか?|抗がん剤医療は有効か?|セカンドオピニオンを受けた方が良いか?|経験者の体験談を読んでみたい

 耐え難い現実

診察室を出てからも、ただただ目から涙が溢れ続け、待合室でも人目を憚らずそれは止まりませんでした。

『何があっても、この命を必ず守る』
わはにゃを迎えたときの私の誓いは、その日打ち砕かれました。

わはにゃの未来に――、それもそう遠くない未来に、苦しい死が待ち受けている現実は、耐え難いものでした。

私は、わはにゃの苦しみを取り除いてやれない。
何もしてやれないんだ――

成すすべがない悔しさと、こんな病気にさせてしまった申し訳無さで、私の心は一杯でした。

 

続きを読む

【リンパ腫】突然の発症と診断 ~わはにゃを送る日(1/3)~【余命宣告】

わはにゃを送る日:リンパ腫編
猫の看取り_わはにゃを送る日

撮影&文|Rinyan
 
この作品は

本作は2歳で旅立った猫、わはにゃの闘病記であり、作者自身の揺れ動く心の記録です。

ミルクボランティアをしていた作者が、自宅で引き取った子猫わはにゃ。
その子猫は作者にとって特別な存在でした。
『何があっても、この命を必ず守る』
そう誓う作者でしたが、ある日わはにゃは体調を崩してしまいました。
くしゃみ、そして咳――
軽い猫風邪かなと思い受診した作者でしたが、その後に医師から告げられたのは、意外な病名でした。

こんな方に:
飼っている猫がリンパ腫と診断された|余命宣告を受けた|どのような治療法があるのか?|経験者の体験談を読んでみたい

 はじめに - 私がこの闘病記を書く理由

2019年5月14日、私は自分にとって一番特別で最愛の猫、わはにゃを亡くしました。まだ2歳になったばかりでした。

わはにゃは2018年に『悪性リンパ腫』を患い、闘病の末にそれを克服しかけていました。その矢先のことでした。

わはにゃの命を奪ったのは、既往症のリンパ腫ではなく、極度の貧血でした。恐らくは『非再生性免疫介在性貧血』であったと思われますが、発症からわずか8日のことでしたので、確定診断もできておらず、したがって対処的な治療をわずかに行った段階での別れでした。

続きを読む

【保護|ブログ】絶対に生きて! ~ねこさん、増えました(13話)~【48時間が勝負】

犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由
犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由

撮影&文|紫藤 咲
 
この作品は

ブログタイプのエッセイ作品で、面白いことが起きた時だけの不定期更新となります。
どうぞお楽しみください。

こんな方に:
猫の多頭飼いをしてみたい|多頭飼いは初めてだけれど、大丈夫だろうか?|経験者の体験談を読んでみたい

 48時間が勝負

かかりつけの獣医さんに診てもらえたのが、午後7時半過ぎた頃だった。
先生に経緯を報告。
ライはすぐにレントゲンを撮ることになった。

アシスタントの女医さんに抱っこされたライの左足は、だらんと伸びきっており、診察台には微量ながらも血痕がある。

続きを読む

【保護猫|多頭飼い】血栓寒栓症・キングの闘病 ~猫宅のお話をしましょう(その19)~

猫宅・44の物語 19話
今回のお話は:キングの闘病

猫宅_キングの闘病

撮影&文|女神

 キングの異変

――2019年6月11日――

この日の夜、私たち親子はいつものように猫宅に着くと、すぐにご飯の用意をして ”女子~ず” の部屋に入りました。

ふと見ると、キングの様子が変です。
前右足を持ち上げて、ぶらぶらさせているのです。

咄嗟にキングを群れから離し、手を掴んで様子を見ました。
しかし何処も怪我をしている様子もなく、骨折している訳でもありません。時計を見るともう22時半。動物病院の診療時間はとうに過ぎています。

「明日の朝、一番で病院に連れて行く」
そう娘に約束し、その夜は様子を見ることに……

まさかそれが、大病に繋がっているなんて、その時には夢にも思いませんでした。

続きを読む

【保護|ブログ】フラッシュバックする苦い思い出 ~ねこさん、増えました(12話)~【保護猫の多頭飼い】

犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由
犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由

撮影&文|紫藤 咲
 
この作品は

ブログタイプのエッセイ作品で、面白いことが起きた時だけの不定期更新となります。
どうぞお楽しみください。

こんな方に:
猫の多頭飼いをしてみたい|多頭飼いは初めてだけれど、大丈夫だろうか?|経験者の体験談を読んでみたい

 今も心の傷 - まさか

平成30年9月27日木曜日、午後6時30分頃に起こった事件に、今もぼくは少なからず苦しんでいる。

今回はその日の出来事をより詳しくお話ししようと思う。

続きを読む

© 2017 Peachy All rights reserved.