猫の話をしようか

Withcat 猫と飼い主の絆について

ご案内 ~このサイトの楽しみ方~

Withcat 『猫の話をしようか』にようこそ。

Withcat『猫の話をしようか』は、猫と人間との心の絆を、飼い主の目線で語る”読み物配信サイト”です。沢山の情報が詰まっていますが、まずは当サイトの人気企画をご紹介しましょう。

老猫アルバム_最新へ

うちの子がうちにくるまで_猫へ

みんなのまとめ読み_猫

みんなの闘病記_猫

ツイッターマガジンへ

週刊Withdog&Withcatへ

全記事一覧表示

 詳しいご紹介や、Withcat『猫の話をしようか』をもっと知るには、『続きを読む』のボタンを。

続きを読む

【保護|ブログ】来るべくして来た子たち ~ねこさん、増えました(10話)~【保護猫の多頭飼い】

犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由
犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由

撮影&文|紫藤 咲
 
この作品は

ブログタイプのエッセイ作品で、面白いことが起きた時だけの不定期更新となります。
どうぞお楽しみください。

こんな方に:
猫の多頭飼いをしてみたい|多頭飼いは初めてだけれど、大丈夫だろうか?|経験者の体験談を読んでみたい

ゼロ距離での接触

ちびーずとの初対面を終えてみて、これはイケるんじゃないかと確信したぼく。
ついにライとちびーずをケージ越しではなくて、ゼロ距離での接触を試みることにした。

一週間。
まだ早急では?
というフォロワーさんの声もあった。
それでも決行したのは、二匹がケージの前から離れなかったからだ。

続きを読む

【保護猫|多頭飼い】いちごとの別れ ~猫宅のお話をしましょう(その18)~

猫宅・44の物語 18話
今回のお話は:いちごとの別れ

猫宅の話_扉

撮影&文|女神 
 

今回はいちごのお話をしようと思います。

いちごは、前話でお星さまになったムーが産んだ子供です。
猫宅の出産ラッシュの中で生まれて、すぐに猫風邪にかかってしまい、目がなかなか開きませんでした。ようやく開いたときの目が、いちごの様に赤かったので、この名前を付けました。

 

続きを読む

【保護|ブログ】やれるだけのことをやろう ~ねこさん、増えました(9話)~【保護猫の多頭飼い】

犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由
犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由

撮影&文|紫藤 咲
 
この作品は

ブログタイプのエッセイ作品で、面白いことが起きた時だけの不定期更新となります。
どうぞお楽しみください。

こんな方に:
猫の多頭飼いをしてみたい|多頭飼いは初めてだけれど、大丈夫だろうか?|経験者の体験談を読んでみたい

 先住たちとの相性は?

うちの子にすると決めたのはいいけれど、最大の問題はノミでも回虫でもない。
先住たちとの相性だ。
健康体で問題なくスクスク育ったとしても、先住たちが受け入れてくれないことには、みんなでしあわせワッチョイ生活にはならないからだ。

相性が悪くていつもケンカが絶えないとなっては、ぼくの気持ちも落ち着かない。

続きを読む

【保護|ブログ】バカじゃないの? ~ねこさん、増えました(8話)~【保護猫の多頭飼い】

犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由
犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由

撮影&文|紫藤 咲
 
この作品は

ブログタイプのエッセイ作品で、面白いことが起きた時だけの不定期更新となります。
どうぞお楽しみください。

こんな方に:
猫の多頭飼いをしてみたい|多頭飼いは初めてだけれど、大丈夫だろうか?|経験者の体験談を読んでみたい

 実は両親が大家である

ぼくは今、自分の両親が買った分譲マンションに賃貸契約を交わして暮らしている。
血のつながった実の両親が、ぼくの大家さんということになる。
そこにひなさんとライと暮らしていたのだが、今回のことでちびーずが加わることになった。

ちびーずを保護して引き取ることを、本来ならば両親に相談するべきだったのだが、このところ関係がかなり冷え切っていたため、ぼくは相談を省いて二匹を飼うことにした。
相談したところでどうせ反対されるのは自明の理だった。

続きを読む

【保護|ブログ】NNNのしわざでしょうか? それとも神様? ~ねこさん、増えました(7話)~【保護猫の多頭飼い】

犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由
犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由

撮影&文|紫藤 咲
 
この作品は

ブログタイプのエッセイ作品で、面白いことが起きた時だけの不定期更新となります。
どうぞお楽しみください。

こんな方に:
猫の多頭飼いをしてみたい|多頭飼いは初めてだけれど、大丈夫だろうか?|経験者の体験談を読んでみたい

 決断は神様に委ねた

ぼくが二匹引き取る最後の決断を、なぜ神様に委ねたのか。
それは二匹のことを考え始めた辺りから、神様からのご褒美としか思えないようなことがいろいろと起きたためである。

どんなご褒美だったのかを説明する前にまず、二匹を引き取る前のぼくの暮らしぶりを話そう。

続きを読む

【保護猫|多頭飼い】ようこそ鈴、さよならムー ~猫宅のお話をしましょう(その17)~

猫宅・44の物語 17話
今回のお話は:鈴(りん)との出会いと、ムーとの別れ

猫宅の話_扉

撮影&文|女神 写真は、本話で登場する鈴(りん)
 

いろはを保護してからの猫宅は、雄同士シャーシャーはあっても、これと言った大きな変化はなく、同じような毎日が過ぎて行きました。

そんなある日のことでした。
また私は、出会ってしまったのです。新しい命に。

その頃私の実母は、入退院を繰り返していました。
何度目かの入退院の時、見舞いに行った帰りのことです。
一緒にいた実妹が、急に呟きました。
「ねーちゃん、この前来た時この辺に子猫が居た」

『なんでその話を私にするかな』というのは、心の中の私の声。
だって、前話でやさいを保護した時に、『この子が最後』『もう、増やさない』と誓ったばかり。(それから更に、いろはが増えています)

 

続きを読む

【保護|ブログ】ぼく、悩んでます ~ねこさん、増えました(6話)~【保護猫の多頭飼い】

犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由
犬派の僕が猫の多頭飼いを始めた理由

撮影&文|紫藤 咲
 
この作品は

ブログタイプのエッセイ作品で、面白いことが起きた時だけの不定期更新となります。
どうぞお楽しみください。

こんな方に:
猫の多頭飼いをしてみたい|多頭飼いは初めてだけれど、大丈夫だろうか?|経験者の体験談を読んでみたい

 動物病院へ行く

二匹を引き取った翌日の、2019年7月20日土曜日。
ぼくは獣医さんへ二匹を連れて行った。

ノミの心配もあるし、回虫もいるかもしれない。
爪も伸び放題だから切ってもらわねばならない。
回虫の検査をしてもらうため、どちらがしたかわからないけれど排泄物を持って診察を受けた。

続きを読む

【猫と飼い主】いつまでもマナと一緒に ~二人の未来を紡いでいこう(9/9)~

私の空、マナ 30話
私の空、マナ_扉

撮影&文|あおい空
 

今回は、前話で少し触れたこと――、院長先生のもう一つのエピソードについて書こうと思います。

爪のケガで動物病院に行った後、マナこれといった体の変化もなく、元気に過ごしていました。その冬、1月はマナの予防接種をしなければいけません。

この年は前年の大雪とはうって変わって、雪が殆ど積もらない日が多く、マナをキャリーバックに入れた私は、それを自転車の荷台に乗せて動物病院へと向かいました。

大丈夫かなと思いながら自転車をこぎ出すと、あらあら安定しています。肩に担いで歩くよりも揺れません。早く気がついていれば良かったのにと思いました。

さすがは我が腹心の友エリザベスです!

 

続きを読む

© 2017 Peachy All rights reserved.