猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

記事

Withdog と Withcat に思うこと ~ありがとうございます。1周年を迎えました

高栖匡躬 (Peachy) Withdogと Withcat がサイトオープンしたのは、2017年11月11日。つまり今日でちょうど1年になります。 このサイトをはじめる前は、ブログを書いていました。『ピーチーはおふろが嫌いよ』という題名のブログです。書き始めたのは2015年…

老猫アルバム Vol.1 ~ そうか君は私の相棒だったんだ!~

老猫アルバム Vol.1 老猫アルバムは 頑張る老猫を応援する、アルバムページです。大好きな愛猫の写真に、飼い主からの一言を添えたメッセージカード形式。 自薦他薦を問いません。ご応募方法は本記事の最後に。

【猫の人間年齢】外猫には別の時間が流れているんだって ~猫の年齢を人に換算してみると~

Withcatで老猫アルバムの企画を始めてから、思ったことがあります。 「猫の時間は共通なんだな」ということです。 犬には小型犬、中型犬、大型犬で、別々の人間年齢年齢換算表があり、場合によれば超小型犬と超大型犬も別の換算表があります。しかし猫にそれ…

画家:呑山政子さんと作品を語る ~猫のいるアトリエ:インタビュー(作品編)~

インタビュー:画家|呑山政子 (聞き手)樫村慧撮影:呑山政子 画家が絵を描く時、傍らにはいつも猫がいる。そんな光景が、まさしく絵になるなと思い、先日は画家の呑山政子さんのインタビュー記事『猫のいるアトリエ』を掲載させていただきました。 呑山家…

ブリーダーが違えば、そのこだわりもまた違う ~猫のブリーダーさんのお話(メインクーン編)~

撮影&文:ゆきねー 前回はラグドールのブリーダーさんを紹介しました。純血種の血統守るためのブリーダーならではこだわりには、きっと驚かれたのでないでしょうか? 私も初めは驚きました。 今回は別のブリーダーさんをご紹介したいと思います。そのラグド…

血統種を守るための、想像を越える苦労 ~猫のブリーダーさんのお話(ラグドール編)~

撮影&文:ゆきねー 今、我が家には、猫が4匹います。血統種の子もいれば、雑種の子もいます。それぞれの良さを知ると、どちらの猫も変わりなく愛おしく思います。 ブリーダーさんの世界というのは、我々一般人は伺い知ることができませんよね。私もそうでし…

【迷子】【捜索】迷子猫の探し方、6つの方法 ~大切なのは、効果的な捜索手順で、早く見つけてあげること~

文:三毛ランジェロ 大阪北部地震、西日本豪雨、北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)と、ごく最近も自然災害が続く日本。では、被害に遭われた方は多く、今もなお被害の爪痕が残ります。そして、これらの災害の被害者は人間だけではありま…

画家と猫と犬と ~猫のいるアトリエ:インタビュー(後編)~

インタビュー:画家|呑山政子 (聞き手)樫村慧撮影:呑山政子 前回に引き続き、居酒屋『魚三』からお届けします。皆さん、お気づきかもしれませんが、折角、有名な『魚三』に行ったというのに、料理の写真がありません。 どうしてか?――撮り忘れただけです…

さあ、呑みに行こう! ってことで、門前仲町へ移動 ~猫のいるアトリエ:インタビュー(中編)~

インタビュー:画家|呑山政子 (聞き手)樫村慧撮影:呑山政子 さて、ここでインタビューの場が変わります。実は呑山さんと私は、飲み友達でもありまして―― 一通り行動美術展を見学したあとは、東京の門前仲町という駅にある、有名な大衆酒場『魚三』という…

画家:呑山政子さんを訪ねて、行動美術展へ ~猫のいるアトリエ:インタビュー(前編)~

インタビュー:画家|呑山政子 (聞き手)樫村慧撮影:呑山政子 先日私は、上野の東京都美術館に、『行動展』という絵画の展覧会を見に行ってきました。どうしてかというと、いつも仲良くしていただいている、画家の呑山政子さんからご招待をいただいたから…

【リンパ腫】わたしが、闘病の記録を残そうとおもった理由は ~はじめに~

脚本家・波多野都さんの愛猫、ソーニャの闘病記。 なぜ闘病記を書き始めたのか? その理由は、多くの飼い主さんが闘病記を綴る理由を代弁しています。 皆、こうして闘病記を書き始め、書き続けるんです。 そうだよね、生きようず! 「その日」はいつかくるの…

ひざ乗り猫に挑戦してみましょう ~芸ではありません。信頼関係をつくるトレーニング~

撮影&文:三毛ランジェロ 今日は、ひざ乗り猫のお話です。 愛猫との距離を、もう少し縮めたいという飼い主さんは、ぜひこの”ひざ乗り猫”に、挑戦してみてください。 生後3ヶ月ぐらいまでに慣らすと簡単ですよ。もちろん、成猫でも成功した例は沢山あります…

カテゴリー定義用ページ

当サイトの記事は、上記のようなカテゴリー構成です。 カテゴリーのクリックで、記事を分類し、まとめて読むことができます。