猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

血統種を守るための、想像を越える苦労 ~猫のブリーダーさんのお話(ラグドール編)~

f:id:masami_takasu:20180618075228j:plain撮影&文:ゆきねー

今、我が家には、猫が4匹います。血統種の子もいれば、雑種の子もいます。それぞれの良さを知ると、どちらの猫も変わりなく愛おしく思います。

ブリーダーさんの世界というのは、我々一般人は伺い知ることができませんよね。
私もそうでした。しかし知ってみると驚きです。トップクラスのブリーダーさんは、血統を守るために、我々の想像を超えた大変な苦労をなさっているのです。

今回は、わが家が血統種を迎えたとき、その幾つかのご遠を繋いてくれたブリーダーさんのお話をしようと思います。

 

f:id:masami_takasu:20180618075937j:plain

――まずはその出会いから――

その昔、月間キャッツという本がありまして、色んな猫種を見ていたんです。そのうちに、ラグドールという猫を迎えたいと考えるようになりました。そして、そのラグドールも繁殖しているブリーダーさんに連絡して、すぐにそのお宅に向かいました。

そのブリーダーさんの家には、30匹くらいのラグドールがいました。繁殖用の子はケージの中、そうでない子は室内フリーの状態。

猫の伝染病、その種の持つ独特の病気についてもとてもよくご存知で、もしその病気が出てしまうことがあったら、繁殖することから外す、と計画繁殖をしていました。そしてどの猫にも同じように愛情を注いでいました。

ブリーダーさんとの付き合いが始まると、ブリーダーさんのルールが分かってきました。

 

f:id:masami_takasu:20180618075955j:plain

――(ルール1)伝染病に対する危機感は尋常ではありません――

我が家のように既に猫がいる人は、そのブリーダーさんのお宅には入れません。
人が猫の伝染病を媒介する恐れがあるからです。

増してや我が家の猫は、保護した雑種の猫とペットショップで買った猫です。ワクチンは打っていましたが、それは伝染病のキャリアでないという保証にはなりません。
発症していないだけかもしれませんし、ワクチン以外の病気に感染している可能性もあります。

 

f:id:masami_takasu:20180618080017j:plain

――(ルール2)家に行く時には、着替えなければなりません――

幸いにも私は信頼していただけで、ブリーダーさんのお宅に伺うことができましたが、私はブリーダーさんのお宅の最寄駅のそばで、綺麗に洗濯してある洋服に着替えていました。

飛沫感染する伝染病は、衣服が病原菌やウィルスを運ぶ可能性があることと、猫の匂いはついた衣服が、ブリーダーさんの家の猫たちへの刺激になることを避けるためです。

 

f:id:masami_takasu:20180618080050j:plain

――(ルール3)なんと、再訪することはできません――

通常は、そのブリーダーさんの家にいる子猫の中から欲しい猫を選んだ後は、その後は二度とブリーダーさんの家を訪れないのが、その方のルールなのだそうです。

このようにしてようやく私は、そのブリーダーさんと会い、その家の子猫の中から、メスのラグドールを選んで連れて帰ることができたのです。

 

f:id:masami_takasu:20180618081419j:plain

――その後――

このように厳しいブリーダーさんなのですが、どういうわけか私は信頼をしていただけたようで、それからお付き合いが始まりました。
猫に対する私の強い思いが伝わったでしょうか? それとも我が家の猫が、皆長寿である事が安心感を生んだのかもしれません。

私はうちの子になったラグドールのメスの子の様子を、度々ブリーダーさんに伝えていました。うちの猫たちは、メスばかりです。

そのうちに、ブリーダーさんの方から「男の子も可愛いよ」というお話があって、なんと今度はそのブリーダーさんから、オスのラグドールを迎えることになったんです。
その子は、とても綺麗に成長したので、ブリーダーさんから「キャットショーに出してみては?」と勧められて、ショーに出たこともあります。

キャットショーに出て頂いたおリボンは、その男の子が亡くなった時に一緒に火葬して持たせてやりました。

譲り受けた女の子は18歳、男の子は16歳で亡くなりました。長く付き合ってみると、血統種と言うのは見た目の美しさだけではなく、その種の持つ特性や性格があるのだなぁ、としみじみ思いました。ちなみに、血統種の子で15歳まで生きるのは稀だそうです。

 

f:id:masami_takasu:20180618090709j:plain

血統種の良さを教えてくださったそのブリーダーさんとは、今もお付き合いをしています。最近我が家はメインクーンの男の子を迎えたのですが、そのブリーダーさんから、メインクーンのブリーダーを紹介していただいて、そのご縁があって、その子はうちにやって来ました。

雑種の子は強く、私は誇りに思うのですが、血統種はまた別の趣があり、見た目の綺麗さとは別にく、その種の持つ性格があるのだなと思います。

こちらのブリーダーさんのお話は、また改めて。

 

――メインクーン編につづく――

作者:ゆきねー

――次の記事(メインクーン編)です――

――同じ作者の記事です――

――お薦めの記事です――