猫の話をしようか

Withcat 猫と飼い主の絆について

【猫版】うちの子がうちにくるまで

うちの子がうちにくるまで_猫

飼い主たちが、猫を飼おうとするまでの、きっかけ、迷い、葛藤、家族との対話などのエピソードを、飼い主自身の言葉で綴ったエッセイです。「飼えるだろうか?」「最期まで面倒が見られるだろうか?」「不安だな」
そんな様々な思いを乗り越えて、飼い主は猫を家に迎えます。
どうか思い出してみてください。その時のことを。そして読んでみてください、他の愛猫家の体験を。
きっと、うちの子が、もっともっと可愛くなりますよ。

【ミルクボランティア】あなたは運命の子なの? ~凪がうちにくるまで(後編)~

もう一度、うちの子がうちにくるまで(猫)|No.2 - 2 撮影&文|Rinyan 今日のお話は 保護した子猫は、毎日大きくなっていきます。早く里親を探してあげなければと、作者は思いました。しかしそれは、難航しました。子猫はめちゃくちゃに可愛いくて――「我が…

【その頃はひどいペットロスでした】突然の別れと突然の出会い ~凪がうちにくるまで(前編)~

もう一度、うちの子がうちにくるまで(猫)|No.2 - 1 撮影&文|Rinyan 今日のお話は 子猫の凪(なぎ)を迎えた頃、作者はひどいペットロスの中にいました。作者にとって特別だった猫、わはにゃを、1歳の若さで亡くしていたからです。リンパ腫で余命宣告を…

【君に会えてよかった】家族になったよ Vol.1 ~猫って飼い主を選ぶんだって~

家族になったよ(猫版) Vol.1 ご参加募集中です 『家族になったよ』は 新しく我が家に迎えた愛猫を、皆さんにご紹介するアルバムページです。幼猫で迎えたニャンコだけでなく、歳をとってから迎えたニャンコも、保護猫で生年月日不明でもOKです。お迎えにな…

【猫を飼おう!】うちの子がうちにくるまで Complete① ~まるで昨日のことのように~

【猫版】うちの子がうちにくるまで (No.1~5) Reviewカテゴリー:エッセイ作者:オムニバス 猫を飼うとき、犬を飼うとき、ずっと先のことなど考えませんよね。そして、可愛い子猫や子犬との楽しい毎日が始まります。 いつかその子が大人になったときに、老…

【はじめての猫】犬はもう飼えないと思っていました ~ほっぷのお話~

犬派だったから迎えた猫 うちの子がうちにくるまで(猫)|No.7 撮影&文|ほっぷのトモダチ 今日のお話は ずっと犬派だったから、猫を迎えた。一見矛盾するようですが、そんな話があるのです。好き過ぎた犬が亡くなってしまうと、次の犬を飼うことが躊躇わ…

【決めた、猫を飼おう!】【異食癖あり】ケージで暮らすノルウェージャン ~チェリーがうちの子になったのは~

我が家には、最近まで猫が4匹いましたーー いました、と過去形で言うのは、そのうちの1匹、ノルウェージャンのチェリーが、つい先日、お空に旅立ってしまったからです。 チェリーはちょっと変わった猫でした。というのも、異食癖をもっていたのです。 それも…

【ペットロスを乗り越えて】俺幸せだった、次の子迎えて ~ホープがうちにくるまで~【2匹目の子は保護猫】

ボスを亡くしたかあちゃん。 さみしい、さみしい、さみしい…… ついボスを探してしまう、毎日―― そんな時、ボスが夢に出て来て言ったのでした。 『俺幸せだった次の子迎えて』 ――かあちゃんは、号泣 そして運命の電話が―― 「ホープ、うちの子になる?」

【仕事帰りで出会った子】ニャー、ニャーと鳴きながら、私についてきたね ~『おいで』がうちの子になったのは~

撮影&文:Chobi ~うちの子がうちにくるまで No.5~ ”うちの子がうちにくるまで”とは愛猫を家に迎えるまでの葛藤を、飼い主自身が、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。 ● まだ、私が若いころの話です。 仕事が終わり、駐車場へ向かう道で、私は1匹…

【実は猫アレルギー】 かあちゃんが、あなたのサンバさんだったんだよ ~ボスがうちの子になったのは~

撮影&文:ボスのかあちゃん ~うちの子がうちにくるまで No.4~ ”うちの子がうちにくるまで”とは愛猫を家に迎えるまでの葛藤を、飼い主自身が、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。 ● 私、実は猫アレルギーなんです。でも小さな頃から動物が大好き…

【どこかにいるはず】気ままなボンちゃん、今はどこにいるのやら?  ~ボンちゃんがうちの子になったのは(後編)~

前回に続いて今回は、 ボンちゃんの気ままな一日について。 愛想をしない。好きな場所にいる。食べたくない時は食べない。 それがまた、ボンちゃんは徹底していて―― いいねえ、ボンちゃん。 しかし―― ボンちゃんって、 本当に、ボンネットが好きなんだねえ。

【不思議なエピソード】個性派ボンちゃん。その名前の由来は? ~ボンちゃんがうちの子になったのは(前編)~

思わず笑ってしまうほど個性的な猫、ボンちゃん。 そのボンちゃんが、ゆきねーさんのお宅に来た理由もまた個性的。 まずは出会いの話から。 どうやってうちに来たの? ボンちゃんの名前の由来は? ――とても笑えるお話です。

【なんで連れて行っちゃったの?】不思議な旅立ち。それは偶然なの? ~みみ子さんがうちの子になったのは(後編)~

病気にもならずに、歳を重ねていく”みみ子”さん。 「雑種は強いです! 私は誇りに思います」 そう作者は語ります。 しかし―― そんな元気なみみ子さんも19歳。 お別れの日がやってきます。 不思議な、そして特別なお別れの日が――

【車の前に飛び出してきた】思い出のサバシロの子猫。我が家の最初の子 ~みみ子さんがうちの子になったのは(前編)~

犬猫で最大時11匹。 今や多頭飼いが当たり前のお宅に、最初の1匹としてやってきた子猫、みみ子さんのお話です。 犬猫の飼い方を全く知らない作者。 まずは動物病院に、そして次に本屋に―― 何も知らないという割に、何だかやることがてきぱきしていて、妙に…

【あのね、猫を飼ってもいい?】「おかえり」、君はわたしの運命の子 ~ALEXがうちの子になったのは(後編)~

運命の子は――、きっといると思いたいですね。 まるで導かれたように、奇跡のように我が家にやってくる子。 いつか必ず我が家に帰ってくる、運命の子。 そんな猫に出会えたらいいですね。 でもね―― どんな猫でも皆―― いつか運命の子に変わるんですよ。

【誕生日プレゼントはベンガルの仔猫】猫のいない生活。そして父からの電話 ~ALEXがうちの子になったのは(前編)~

先代猫みゅうさんとの別れ。 そして、猫のいない生活を送る作者。 やがて、新しい猫との出会いの時がやってきます。 ――仔猫がやってくる! それも、とびきりカワイイ猫が! しかし、その猫は―― 新しい猫ではなくて、運命の子でした。

© 2017 Peachy All rights reserved.