猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

【決めた、猫を飼おう!】個性派ボンちゃん。その名前の由来は? ~ボンちゃんがうちの子になったのは(前編)~

f:id:masami_takasu:20180329194646j:plain撮影&文:ゆきねー

~うちの子がうちにくるまで No.3-1~

”うちの子がうちにくるまで”とは
愛猫を家に迎えるまでの葛藤を、飼い主自身が、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。

 ●

今日は、不思議なエピソードでうちの子になった、ボンちゃんのお話をします。
ボンちゃんって変な名前と思いますよね。でも、それにはちゃんと理由があるのです。

もう15年以上も前に遡ります。
その頃我が家の周辺は、そこら中にきゅうり畑が広がっている、とても長閑なところでした。

ある初夏のこと――

その静けさを破るように、開け放した窓からは「キャーキャー」という、明らかに子猫と思われる声が響き渡るようになりました。
夕方になると必ずその声が聞こえてきます。

私は気になって仕方がなく、当時小学生だった息子と毎日その子猫を探したのですが、見つかりませんでした。

それからしばらくして――

きゅうり畑のネットに、キジトラの子猫が引っかかっていたのを、近所の人が見つけました。多分その子が、いつもの声の主と思われました。
ネットから離してやると、その子猫はすぐに、どこかへ行ってしまったそうです。

それからです――
キジトラの子猫が、我が家の付近を、ウロウロするようになったのは。
私は何とか保護してあげようとするのですが、いつも逃げられてしまう。
そのくせその子は、凝りもせずに我が家の庭に現れる。
その繰り返しでした。

 

f:id:masami_takasu:20180329195909j:plain

そんなある日のことです――

私が車に乗ろうとしたら、何か音がするんです。ゴソゴソという音。
「なんだろう?」
と、思いながら、ボンネットをバンバンと叩いてみました。
――なんの反応もありません。
「えいやっ!」
とボンネットを開けても、何も見えません。

「エンジンをかけようかな」
と思ったのですが、またもや違和感――
「なんかおかしいぞ」
今度は身をかがめて、車の底面の、シャーシ部分を覗いてみました。
すると――!
なんとキジトラの尻尾が、見えるではありませんか!

「あの子猫だ!」
ソロ〜っと車の下に潜り込んで、その尻尾をつかみ引っ張り出しました。
その子猫は震えていて、恐怖に怯えたように、目がつり上がっていました。

子猫を保護できて、一先ずはホッと一息。
しかし我が家には、その子をすぐに引き取ることが出来ない事情がありました。

当時わが家は、純血種のラグドールを迎えていたのですが、その子のブリーダーさんとある約束をしていたのです。それはFIPや猫エイズ、白血病などの病気がある猫は、家に引き取らないという約束でした。

どうしてそんな約束をしたか?
それはブリーダーさんに深いこだわりがあったからです。
そのブリーダーさんは、自分が取り上げた子たちにとても愛情が深い方でした。
一度よその家に送り出した子でも、万が一迎えた側の事情で飼えなくなった時には、また自分で引き取るような方だったのです。

もしも引き取りをしなければならなくなった時に、妙な病気を持ち帰られては困りますかよね。だから、そんな約束を求められたのです。
このブリーダーさんのことは思い出深いので、また改めて書こうと思っています。

 

f:id:masami_takasu:20180329200042j:plain

さて、そんなこともあったので、私はすぐその足で動物病院に行きました。
もちろん、病気の検査のためです。
結果が出るまでには数日かかります。しかし、ここで連れ帰ると、もしも病気が見つかった場合に、ブリーダーさんとの約束を破ることになってしまいます。

ですからその間は、病院に預かっていただくことにし、もしも我が家で迎えられなかった場合は、獣医さんの受付の方が里親になる事も決めておきました。
一度拾った命は捨てられませんからね。

幸運なことに、その子猫は無事全ての検査をクリア。
晴れて、うちの子となったんです。
そして――、わが家ではその子を、ボンちゃん名付けたのです。
もうお分かりですね。ボンネットから出てきた子だから、ボンちゃんです!

迎えてからのこと――
ボンちゃんは野良暮らしが長かったためか、それとも母猫からすぐに離れたせいか、トイレも使えない子でした。玄関で丸くなっていて、お漏らししてしまうようなビビり猫だったんです。

ボンちゃんにしてみたら、生まれて間もなく母猫から離れて、放浪し、その後捕獲されて我が家に来たのです。短い間に環境がガラリと変わってしまったのですから、その変化を受け入れられないのも、無理のないことなのかもしれません。

仕方なくボンちゃんは、しばらくはうちの家のテラスで、網戸越しに過ごしてもらうことにしました。そしてその間に、キジトラ猫が好きな夫が、トイレの特訓をしてくれました。
そしてそんなことを経て、ようやく我が家の一員になったのでした。

 

――ボンちゃんがうちの子になったのは(前編)・つづく――

~うちの子がうちにくるまで No.3-1~
猫の名前:ボンちゃん
猫種:保護猫
飼主:ゆきねー

~犬や猫と暮らすあなたへ~

『うちで飼えるかな?』
『きちんと面倒を見られるかな?』

犬や猫を、”はじめて”飼う時、ほとんどの方はこう思ったことでしょう。平均年齢でいえば15年も生きる小さな命を預かるのだから当然ですね。その葛藤を乗り越えて、我々は犬や猫と暮らします。

毎日が楽しいですか?
――きっと楽しいですよね。
だって、犬を飼うこと、猫を飼うことは、喜びに満ちていることだから。

どうか忘れないでほしいのです。その楽しさを手に入れる前に、我々はものすごく大きな決心をしたのだということを。

そして、どうか自信を持ってほしいのです。
その決心が、ずっと我々を支え続けてくれるのだと。
いつか、その子を送るときが来たとしても。

【飼えるかなより

――うちの子がうちにくるまで、次話――

――うちの子がうちにくるまで、No.2の前編――

――お薦めの記事です――