猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

今、闘っているあなたへ

【リンパ腫】10月25日 あれ? 今回も副作用、ないかも… ~1クール目(11/13)~

「その日」がくるまで生きようず!文:miyakonokaori (本記事は2013年に執筆されたものです) ビビりまくったドキソルビシンの投与から三日経ちました。副作用が出るとしたら、今日がいちばん危険…なんですが、猫さんは今日も穏やかにすごしています。

【リンパ腫】10月14日 救世主あらわる!! ~1クール目(8/13)~

「その日」がくるまで生きようず!文:miyakonokaori (本記事は2013年に執筆されたものです) 今日は朝焼けがすごくきれいでした。カーテンを開けて、猫さんにも朝日を見せました。

【リンパ腫】10月3日 猫に薬を飲ませるのは闘いだよ ~1クール目(4/13)~

「その日」がくるまで生きようず! 文:miyakonokaori (本記事は2013年に執筆されたものです) 闘病に欠かせないのが投薬タイム。飼い主の皆さん、はじめは誰もが戸惑ったことでしょう。 私もまさにそのひとりで…。ってか、どうしてもできないのです。 こん…

【リンパ腫】9月30日 抗がん剤始めました ~1クール目(2/13)~

「その日」がくるまで生きようず! 文:miyakonokaori (本記事は2013年に執筆されたものです) 今日からはじまる抗がん剤プロトコールのため、猫さんを朝イチで病院へ。 これから抗がん剤投与日は、朝に病院へ行き、血液検査。それで問題なければ抗がん剤を…

【糖尿病】闘病生活が長いってことも忘れないで ~糖尿病の猫さんと暮らすために(6/6)~

猫が糖尿病になってしまったら撮影&文:panicia 3つ目に辿り着いたのが…… A病院、B病院を経て辿り着いたのが、現在お世話になっているC病院。ここは都内近郊に4つの医院を構えていて、うち1つは猫専門病院です。 うちの最寄りは猫専門病院ではなく、犬…

【糖尿病】病院選びも大切なんですよ―― ~糖尿病の猫さんと暮らすために(5/6)~

猫が糖尿病になってしまったら撮影&文:panicia 糖尿病になってもきちんとケアしていけば元気に過ごせる 2014年11月に我が家の猫、シアン(ロシアンブルーのオス、現在12歳)の糖尿病が発覚してから、1年9ヶ月ほど経過しましたが、至って元気で、普段は糖尿…

【糖尿病】フード・療養食に飽きてしまった猫ちゃんへ ~糖尿病の猫さんと暮らすために(4/6)~

猫が糖尿病になってしまったら撮影&文:panicia いつものご飯に飽きてしまった時の対策は うちでは、たまに「トッピングごはん」をすることもあります。 『猫のトッピングごはん』(下記)は、シアンの糖尿病が発覚したときに、インスリン以外に何かできる…

【糖尿病】食べさせるものにも気を使わなきゃ ~糖尿病の猫さんと暮らすために(3/6)~

猫が糖尿病になってしまったら撮影&文:panicia 猫たちに食べさせるもの 自分が食べるものにはさほど頓着のない私ですが、シアンが病気になって一層、「猫たちに食べさせるものには気をつかおう」と思うようになりました。 人間より何倍も小さな猫たちの体…

【糖尿病】初めて猫に注射を打つことに ~糖尿病の猫さんと暮らすために(2/6)~

猫が糖尿病になってしまったら撮影&文:panicia 医師から糖尿病を告げられた時は、「なぜうちの猫が糖尿病に?」と思いましたが、今思えば、仔猫の頃から彼は甘いものが好きでしたよ…… 私がプリンやアイス、あんこなどを食べていると「くれくれ」と言って手…

【糖尿病】まさか――、うちの猫さんが糖尿病? ~糖尿病の猫さんと暮らすために(1/6)~

猫が糖尿病になってしまったら撮影&文:panicia 猫さんが糖尿病になって不安な方に 私がブログを書こうと思ったきっかけの大きな理由の一つは、「シアンが糖尿病になったこと」です。ある日異変に気付き、糖尿病だと知るまでにそれはそれは動揺し、緊張し不…

カテゴリー定義用ページ

当サイトの記事は、上記のようなカテゴリー構成です。 カテゴリーのクリックで、記事を分類し、まとめて読むことができます。