猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

コラム

産業獣医師と動物病院の獣医師を較べてみる ~犬猫の飼い主が見た、加計学園問題(その7)~

文:高栖匡躬 少々、連載の時間が開いてしまいました。産業獣医師って何? 公務員獣医師って何? そして――、足りていないって本当なの?そんなことを、飼い主目線で、ネット上で拾える情報から追いかけてみるのが、本シリーズです。 前回の記事は、産業獣医…

【保護猫】捨て猫が増える時期です ~良い飼い主さんに出会えますように~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 春と秋は、猫ちゃんたちの出産ラッシュの時期。特に春は、梅雨前あたりが一番多いそうです。 必然的に、捨てられる子猫も増えるのもこの時期で、ママのところにも、そんな子猫がやってきます。早く優しい飼い主さんと…

【肥満】コロコロ太った姿は可愛いけれど…… ~猫も犬もヌイグルミじゃありませんよ~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日のお話は肥満について。おうちの猫ちゃん、ワンちゃんがいくら可愛いからって、沢山ご飯やおやつをあげると逆効果。肥満になると、色んな病気に罹りやすくなるんです。動物にも成人病はあるんですよ。 それから、…

迷子の猫を探す6つの方法 ~早くみつかりますように~

文:三毛ランジェロ 先日の大阪北部地震では、被害に遭われた方も多く、今もなお余震は続いています。そして、あの地震での被害は人間だけではありません。 飼い猫や飼い犬も驚いて逃げ出してしまい、まだ見つからない子も多いそうです。普段はあまりこのよ…

【貧血】【輸血】風邪が長引くと思ったら、貧血でした ~重度の場合は、輸血しないといけません~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日のお話は貧血と輸血のお話です。前から風邪で来院していた猫ちゃん。なかなか具合がよくなりません。ママが調べたら、何と貧血なんだって。重度の場合は、輸血が必要らしいです。 実は輸血って大変なんです。人間…

【膀胱炎】冬じゃないのにまたまた膀胱炎 ~続くときには続きます~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 続けば続くもの。この前、ひどい膀胱炎の猫ちゃんが来たと思ったら、また膀胱炎の猫ちゃんがきちゃいました。ママはまた手術です。(注:手術の写真が含まれます) 撮影&文:ハナちゃんママ (この記事は2017年の夏に…

【膀胱炎】ひどい膀胱炎なんだけれど、そうなった理由は ~家族を守れるのは飼い主さんだけ~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日はひどい膀胱炎で来院した、猫ちゃんのお話です。実はこの猫ちゃん、去年も同じ病気で来院して治療をしました。なぜまた同じ病気に? それもひどい状態で?(注:手術の写真が含まれます) 撮影&文:ハナちゃんマ…

【断尾】かじってしまって、大変な事に ~痛くないから、気になってしまうんだね~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日は、大きな傷を負って駆けこんで来た猫ちゃんのお話。幸い怪我は良くなってきていたんだけれど、1つだけ問題が……、それは尻尾。 どうしたのかって?読んでみてください。(本記事には、手術の写真が含まれます) …

【怪我】【エリザベスカラー】半野良の猫ちゃんの怪我 ~エリザベスカラーが使えたら良かったのに~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日は病気では無くて、怪我のお話です。怪我って舐めちゃうと治りにくいから、工夫してあげてくださいね。わたしの付けているエリザベスカラー、素敵でしょ? 撮影&文:ハナちゃんママ 1ケ月前に、半ノラ猫ちゃんが…

【動脈血栓栓塞症】心疾患に由来することが多い病気です ~足に血行障害と麻痺があったら要注意~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日は動脈血栓栓塞症(どうみゃくけっせんせんそくしょう)のお話。早口言葉みたいだけど、ハナはすぐに言えたよ。みんなはどうかな? 撮影&文:ハナちゃんママ 先日、後ろ片足が動かないという猫ちゃんが、来院しま…

【疥癬(かいせん)】カイセンでカイカイ ~野生動物から感染しやすい皮膚病です~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日はダニに寄生されて起きる、カユ~イ皮膚病。疥癬(かいせん)のお話です。本当にカユ~イんです。 撮影&文:ハナちゃんママ 当院のある地域は、野生動物が頻繁に民家近くにでてきます。サルや鹿、いのしし、クマ…

私が避妊・去勢をお勧めする理由 ~色々と意見はあるでしょうが、リスクは知っておくべき~

撮影&文:三毛ランジェロ 我々、保護活動をしている者の多くは、猫の完全室内飼いと同時に避妊去勢をお勧めしています。 もちろん、「そんなことをして可愛そう」とか、「家の中から出さないから大丈夫」という方もおられると思います。 しかし、避妊去勢を…

【低血糖】子猫や老猫は、至急の対処が必要ですよ ~最近元気がないのは、低血糖が原因のことも~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日は低血糖のお話。低血糖は色んな理由でおきるけど、今日の仔猫ちゃんはどうしたんだろう? 寒かった? お腹がすいちゃった? 撮影&文:ハナちゃんママ 子猫ちゃんが、朝、突然ぐったりしてしまったと来院。 風邪…

産業獣医師の仕事を掘り下げてみる ~犬猫の飼い主が見た、加計学園問題(その6)~

文:高栖匡躬 前回は少し回り道で、産業獣医師と公務員獣医師の言葉の定義を行いました。 【前回の定義】・本記事では産業動物臨床獣医師を、産業獣医師と称することにします。 (因みに、街の動物病院は、小動物臨床獣医師です)・産業動物臨床獣医師の約半…

【閉尿】【尿石症】オシッコが詰まったら大変だあ ~寒い時期、猫も犬も男の子が要注意~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日はオシッコがつまってしまう病気、閉尿のお話です。寒い時期に増える病気。猫も犬も男の子に多いんですよ。飼い主さん、気を付けてあげてくださいね。(注:手術の写真が含まれます) 撮影&文:ハナちゃんママ 寒…

【子宮蓄膿症】【ホルモン剤(発情抑制)】猫の場合は、なかなか気が付かないことも ~妊娠と間違われた例~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日は子宮蓄膿症のお話です。犬と違って、猫の場合はなかなか気が付かない事もあるんですよ。ホルモン剤(発情抑制)のメリット、デメリットを交えて説明します。(注:手術の写真が含まれます) 撮影&文:ハナちゃ…

外猫問題について考えてみる ~家猫? 外猫? それはリスクと一緒に考えよう~

撮影&文:三毛ランジェロ 我々、保護活動をしている者の多くは、完全室内飼いをお勧めしています。なぜそうかというと、せっかく保護した命は、少しでも長く繋いでいって欲しいという気持ちからです。 「外で飼ってもらってエサをもらえるだけでも十分でし…

【猫版】闘病時の情報収集、検索方法を考えてみよう ~コツを知る知らないで効率が違います~

文:高栖匡躬 愛猫が病気になったとき、皆さんはネット検索で情報を探しますよね。今日はその検索の話題です。 検索にはコツがあって、そのコツを知るのと知らないのとでは、得られる情報の質が大きく違ったりします。質の悪い情報は、役に立たないならまだ…

【エンジンルームの危機】重傷の猫ちゃんかと思ったら、なんと ~猫バンバンは大切です~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日は、自動車のエンジンルームに入ってしまった猫ちゃんのお話。連絡を受けたママは、重傷だって大慌て。さてさて、猫ちゃんはどうなったかな? 撮影&文:ハナちゃんママ いつもお世話になっている車のディーラーさ…

【プラズマ細胞性肢端皮膚炎】【肉球】意外に知らない肉球の病気 ~肉球は好きだけれど、病気は駄目~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 肉球が好きな飼い主さんって多いけど、犬の肉球と猫の肉球って、違うんだよ。知ってた? 今日はそんな、肉球の病気のお話です。 撮影&文:ハナちゃんママ 猫ちゃんの肉球ってプニュピニュで気持ちいいですよね。あの…

【子宮蓄膿症】【避妊】【堕胎】できればやりたくない手術 ~飼い主さん、どうか気を付けてください~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。 今日は子宮蓄膿症のお話ですが、ちょっと特殊な症例です。(注:手術の写真が含まれます) 撮影&文:ハナちゃんママ 先日、ある猫ちゃんの避妊手術をしました。来院した飼い主さんが言うには、「妊娠しているみたいで…

産業獣医師って、意外に知らない ~犬猫の飼い主が見た、加計学園問題(その5)~

文:高栖匡躬 今回からいよいよ連載の本題である、産業獣医師のお話です。正確に言えば“産業動物獣医師”という名称ですが、本記事では引用文以外では簡潔に、”産業獣医師”または、”産業獣医”と表現することにします。 さて、そもそも産業獣医師とは、どんな…

【疥癬】カイカイはイヤイヤ ~飼い主さんにも感染するので、注意が必要ですよ~

ここは『ハナちゃんの動物病院』(猫版)です。 ハナのママは、動物病院の先生なんだよ。すごいでしょ。だから私は、ママの病院の看板犬ってことになるわけ。エッヘン! これから『ハナちゃんの動物病院』では、ママが犬や猫の色々な疾患について、読み物と…

いちばん大切なのは、猫との信頼関係 ~猫に甘噛みをさせちゃだめ(後編)~

文:三毛ランジェロ 甘噛み猫にしないためのトレーニング。後編です。 具体的に何をやるのかお知らせする前に、まずは猫社会の猫同士ではどうなのか、考えて見ましょう。 親や兄弟は、どうやってそれを子猫に教えるかと言うと、痛かった時には大きい声でギャ…

子猫の時から気を付けてあげて ~猫に甘噛みをさせちゃだめ(前編)~

文:三毛ランジェロ 今日は、猫の甘噛みの直し方をお知らせしましょう。子猫の甘噛みは痛くもなく、可愛いものですが、ちゃんとトレーニングをしてあげないと、成猫になって問題行動に発展するかもしれません。

目薬の話をしましょう ~必ず治る、諦めてはいけない点眼~

文:三毛ランジェロ 今回は、猫や犬の目薬のことを書きましょう。 10年を越える保護活動の中で、これまでにどれだけ目薬を買ったことでしょうか?沢山の目薬をためしてみて、はじめて有ることに気が付きました。 殆どの目薬には、硫酸とか塩酸とか怖い名前…

冬の猫のことを知っていますか? ~知っていましたか? 猫には厳しい季節~

文:三毛ランジェロ 12月に入りました。 寒さが深まるこの時期でも、猫の出産は止まりません。この時期に生まれた小さな命は、一体どのようになるのでしょう? 冬に保護される猫は、夏と違って親猫と一緒にいる2~3匹だけです。 それは何故か?―― ● 5匹生まれ…

カテゴリー定義用ページ

当サイトの記事は、上記のようなカテゴリー構成です。 カテゴリーのクリックで、記事を分類し、まとめて読むことができます。