猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

【断脚】ひどい怪我で来院した猫ちゃん。結局は―― ~新しい生活になれて、どうか頑張ってほしい~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。

今日はひどい怪我で来院した、猫ちゃんのお話です。
この猫ちゃん、元気なのですが、実は――
続きは、記事を読んでみてください。
ママも私も、ショック。

f:id:masami_takasu:20171105145158g:plain撮影&文:ハナちゃんママ (この記事は2018年の1月22日に書かれたものです)

猫ちゃんが怪我で来院しました

足に怪我をしたとの電話連絡が入っていたので、よくある猫ちゃん同士のケンカ傷と想定していましたが、診察すると――

f:id:masami_takasu:20180503014238j:plain

猫ちゃんは比較的元気でしたが、
両後肢がかかとの下で挫滅しちぎれています。

肉球の部分が皮膚一枚でぶらさがっていて、切断面では砕けた骨がバラバラになっていました。もう、出血も止まっていて時間もたっているようです。

飼い主さんは、電車に轢かれたとおっしゃっています。

原因は分かりませんが、この辺だと野生動物にかけた罠の事故や、心無い人による虐待の可能性もあります。

なんともショッキングで、切ない気持ちになりました。

結局は、両足とも断脚となりました。

f:id:masami_takasu:20180503013333j:plain

足を長く残すと、今後、切断面が地面との摩擦で傷付き、ずっとその傷の治療が必要になるためです。

可愛そうですが大腿部の真ん中で切断しました。

f:id:masami_takasu:20180503013359j:plain

この状況を受け入れて、
新しい生活様式に慣れてくれることを祈ります。

● ● ●

本日、1月22日は、ハナの14歳のお誕生日です。

白内障も進み、時々いろんな所にぶつかったり、足腰が弱ってきてトボトボ歩いたりしています。

f:id:masami_takasu:20180503013730j:plain

それでも、コポーとやり合ったり、コポーに吠えかかったりと、頑張っています。
今年も元気に過ごして欲しいです。

ハナちゃんママからアドバイス

大きな怪我は、治療にもストレスがかかりますし、費用の面でも時間の面でも大変な負担になることが多いです。
防げる怪我や事故もあります。放し飼いや逃亡などに気を付けて下さいね。

 

――編集部より――

ここでご紹介したものは、病気の基礎的な知識です。もしもご家庭のネコちゃん、ワンちゃんに該当する症状があったら、すぐに動物病院を受診なさってください。

皆様の愛猫、愛犬の健康を祈って

 

――いつもやさしい、ハナちゃんママの動物病院はこちら――

f:id:masami_takasu:20171105145302j:plain

日光どうぶつ病院

――次話――

近日公開します

――前話です――

――関連記事です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。