猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

【丸刈り】まるで羊の毛刈りみたい! ~毎年あるんですが、どうでしょう?~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。

今日は病気のお話ではありません。
なんと今日ご紹介するのは、猫ちゃんの丸刈!!!
えっ? 丸刈りって何かって? 丸刈りは、丸刈りです。
見てのお楽しみ。

f:id:masami_takasu:20171105145158g:plain撮影&文:ハナちゃんママ (この記事は2016年の8月に書かれたものです)

今年も猛暑になりそうです

毎年、何頭か、夏前に長毛種の猫ちゃんの丸刈りがあります。
猫ちゃんは、あまりブラッシングが好きでないようで
大きな毛玉がいくつもできてしまいます

毛玉を取ろうとしても、バリカンで刈ろうとしても、
暴れる猫ちゃんがほとんどです。

だから、こんな風に……

f:id:masami_takasu:20180502235623j:plain
どうしても、麻酔下での丸刈りになります。

f:id:masami_takasu:20180502235738j:plain
左半分がだいたい終わりました

 ●

反対側にぐるりと回転して

f:id:masami_takasu:20180502235907j:plain
羊の毛刈りみたいになってます 

 ●

猫ちゃんの皮膚は柔らかいので、
バリカンで傷付けないように注意します

f:id:masami_takasu:20180503000035j:plain
トラ刈りになってないかな?

 ●

f:id:masami_takasu:20180503000051j:plain
こんな巨大な毛玉が取れました

 ●

f:id:masami_takasu:20180503000109j:plain
こんなにさっぱりしましたよ
毛皮を脱いで風邪ひかないでね!

 ●

ハナたちの犬種は、毛刈りなんて無縁だけれど、
長毛腫のワンちゃんにとっては夏の暑さは過酷だよね。

f:id:masami_takasu:20180503001028j:plain

皮膚病予防にもなるから、
涼しく丸刈りしたりやサマーカットにしたりするのはいいと思います

 ●

■読者からのコメント:
あらまぁ猫ちゃんの毛皮?
別の猫種になってまるで羊の毛刈りショーみたいですね(^.^)
長毛な子はみんな大変なんですね!
■ハナちゃんママからの回答:

コメントありがとうございます
本当にブルテリアは短毛で良かったと思います
ブラッシングもシャンプーも楽ですものね

暑さもきっと違いますよね
夏バテしないように気をつけましょうね!

■読者からのコメント:
なんだか
違う子みたいですね。
これ見たら、色んな子の毛を刈って見たくなっちゃいますね。
ブルテリアって、養毛剤が効いて毛が長くなったら、どんな子になるんでしょうね?
すぐに想像できそうなのは、カピパラ。
でも意外に、普通の子になっちゃうかもしれませんね。
■ハナちゃんママからの回答:

コメントありがとうございます
カピパラは正解かもしれませんね
可愛いです

ちょっと私には長毛腫の犬・猫の管理は無理ですわ

 ●

ハナちゃんママからアドバイス

長毛腫の犬猫は、普段からブラッシングを嫌がらないようにしておくと良いと思います。どうしても、ブラッシングができないと毛玉ができてしまいますから、毛玉をとるのはもっと大変になります。
小さいうちからブラッシングの習慣を付けるように頑張って下さい

 

――編集部より――

この連載でご紹介するものは、主に病気の基礎的な知識です。もしもご家庭のネコちゃん、ワンちゃんに該当する症状があったら、すぐに動物病院を受診なさってください。

皆様の愛猫、愛犬の健康を祈って

 

――いつもやさしい、ハナちゃんママの動物病院はこちら――

f:id:masami_takasu:20171105145302j:plain

日光どうぶつ病院

――次話です――

――前話です――

 

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:masami_takasu:20171012001610g:plain

ブログランキング・にほんブログ村へ