猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

【リンパ腫】わたしが、闘病の記録を残そうとおもった理由は ~はじめに~

「その日」がくるまで生きようず!
f:id:masami_takasu:20171230202336j:plain文:miyakonokaori (本記事は2013年に執筆されたものです)

うちの猫さんは2006年3月15日、兵庫県生まれのロシアンブルーの女の子です。
うちに来る直前にトラブルがあったものの、それ以降はすこぶる元気で、
この7年、病気らしい病気とは無縁の生活を送ってきました。

扉の写真は、うちにきたばかりの頃。マジ天使! 世界一かわいい! ←飼い主バカ

ですが、今、猫さんは「多中心型リンパ腫」と闘っています。
低分化型、おそらくステージはⅤ。末期です。

病気がわかったときは、情報を求めて検索をしまくりました。
絶望的な所見ばかりが目について、ただ泣くだけの時間を過ごしていたのを覚えています。

これまでも実家で何頭もの最期を看取りましたが、
猫さんははじめて自分の責任でもって離乳ミルクから育てた子。
この部屋に引っ越してきてから、ずっといっしょに時間を過ごしてきた子で、
その存在の大きさは何ものとも比べられません。

飼うときに、「死」というものをおぼろげに覚悟していたものの、
それがいきなり目の前にやってきてしまったときは、
正直、どう気持ちを作っていったらいいのかわからなかったです。

そんな中、立ち直る力をくれたのが、同じ病気のペットと闘う飼い主さんたちのブログでした。

サプリの情報、副作用の情報、飼い主さんの心の揺らぎ、などなど照らし合わせては
「ああ、これを飲ませてみよう」
「そうか、よくあることなら大丈夫かも」
「これは病院へ連れて行かなくては」
と、さまざまな場面での判断の基準になりました。

そして最期の日をどう迎えるか、見送ったあとはどうすれば立ち直っていけるのか……
飼い主さんたちの経験を読ませてもらいながら、
そんな覚悟も少しずつ、ほんとうに少しずつですが、できていっているように思います。

「何もしなければ、一ヵ月か二ヵ月」のリンパ腫の猫さんは、
「何かをした」ことで穏やかな三ヵ月目を越えようとしています。
サプリの情報のおかげでしょうか、血液検査の結果のほうも良いとはいえないながらも
踏みとどまってくれています。

リンパ腫は寛解しても再発しますし、
うちの猫さんは若くて進行の早いタイプのがんですから、見通しは決して明るいとはいえません。
もちろん「完治」を完全に諦めているわけではありませんが、
一分でも一秒でも長く、今のような穏やかな時間を過ごすことが、私と猫さんの目標です。

 

f:id:masami_takasu:20171230203028j:plain
飼い主、お気に入りの一枚
この日は空に虹がかかったんだよね

今、こうしている間にも、日本のどこかでがんと診断されたペットがいることと思います。
飼い主さんはきっと、あの日の私のように、情報を求めて検索をするのではないでしょうか。

私がこれまで助けていただいている分、私の経験でも何かしらのお手伝いになるかもと思い、ブログを立ち上げることにしました。

明日にでも、人にも動物にも、
すべてのリンパ腫に効く薬ができてほしいと願いつつ――

 

2013.12.28  波多野 都
*追伸*
と、いうわけで、ブログを立ち上げたのは2013年12月28日なのですが、
これから過去にさかのぼって書いていきます。

文:miyakonokaori

――次話――
(リンパ腫と判明するまで)

――おすすめの記事です――

闘病記を読むメリット(全2話)犬猫共通

愛犬愛猫の闘病、基礎的な認識(全3話)犬猫共通

【二次診療】【セカンドオピニオン】(全1話)犬猫共通

――他の闘病記です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。