猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

雨の船出と、渡し船から見えたもの ~銀の鈴/虹の橋の猫(第3話)~

f:id:masami_takasu:20171124192641p:plain

イラスト&文:水玉猫

降りしきる雨の中を、猫の乗った渡し船は、虹の橋へと出発しました。

船は、猫がこれまで地上で住んでいた家の上に、差し掛かりました。

猫が船から身を乗り出して見下ろすと、台所の窓に明かりが灯り、人の影が動いています。

「おかあさんだ!おかあさんが、ごはんのしたくをしているんだ」

猫は恋しさのあまり、渡し舟から飛び降りて、住み慣れた地上の家に戻ろうとしました。

でも、渡し守が猫を船の中に引き戻し、静かに首を横にふりました。

猫は、船の床に突っ伏して、わっと泣き出してしまいました。

猫の耳の奥で、地上のみんなの声が聞こえてきました。

みんなが話す声。

みんなが笑う声。

おかあさんが、猫が大好きだった歌を歌っている声も聞こえてきました。

猫はハッとして、顔を上げました。
でも、歌っていたのは、渡し守でした。

船は空高く上がり、猫のいた地上の家は、もう、どんなに目を凝らしても見えませんでした。
 
――銀の鈴/虹の橋の猫(第3話)・つづく――

作:水玉猫

――次話です――

――前話です――

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:masami_takasu:20171012001610g:plain

ブログランキング・にほんブログ村へ