猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

【リンパ腫】10月1日 抗がん剤投与 ビンクリスチン1-1 ~1クール目(3/13)~

「その日」がくるまで生きようず!
f:id:masami_takasu:20180128072848j:plain文:miyakonokaori (本記事は2013年に執筆されたものです)

夜になり、抗がん剤・ビンクリスチンを無事に投与し終えた猫さんをお迎えに。

猫さんの顔を見た瞬間、「あれ? なんか違う…」と思いました。
なんというか…丸いw

f:id:masami_takasu:20180128073851j:plain

顔だけじゃなく目もまん丸だYo!!

「脱水が酷かったので、皮下に輸液しました。なので、ちょっと肩が腫れているんですが、すぐに吸収されます」

その先生の言葉をきいて、背中を見ると、おお、確かにラクダみたいにボコッとコブができている!!

「それと、手からも点滴しましたので、手も腫れていますが、これもすぐに吸収されます」

見てみると、ほんとだ!!
手が、手がデカい!!!
(画像だとわかりづらいですが、右手がデカいのですw)

つい笑いそうになったのを感じ取ったのか、猫さんが「ウゥー…」と不満げな声をあげました。

抗がん剤投与後の注意点などを聞き、この日のお会計。

入院料、血液検査、皮下注射、静脈点適、抗がん剤投与、内服薬など、
あわせて、¥39,592円

f:id:masami_takasu:20180128091055j:plain

家に帰ると、キャリーからものすごい勢いで飛び出し、一直線にトイレに駆け込み、「シャー」
神経質なとこがあるので、病院では緊張して、思うようにおしっこできなかったんだろうな……

抗がん剤のあとは食欲が落ちるというので、少しでも食べてくれそうなものをと思い、
スープタイプのウエットをたくさん買っておいたので、それを出す。
少し食べて、私の部屋にある段ボールに入って、くつろぎはじめた。

ビビりな猫なので、病院ではさぞ問題児だったのでは、と思ったけれど、お利口にしていたようだし、まだまだ私の知らない面が、きみにはいっぱいあるのだね……

そう言うと、小さく「ニャ」と鳴いて、こっちを見た。
その顔はやっぱり……丸い!www

f:id:masami_takasu:20180128075019j:plain

ひとの顔を笑うなYo!!

ごめんごめん。
丸い顔があまりにもかわいくて笑っちゃうんだYo

明日からは副作用との闘いも待っている。

どうか、副作用が軽くてすみますように…
穏やかな時間を過ごせますように…

 

――備考1――
ビンクリスチン
細胞障害薬という種類の薬です。その種類の中で「微小管阻害剤」と呼ばれるグループに属し、化学物質のビンカアルカロイドを含んでいます。細胞分裂に重要な微小管の働きを止めることにより、がん細胞の増殖を抑えます。(抜粋)

出典:ビンクリスチン:注射:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

――備考2――
UW25プロトコールについては、こちらの記事に
【リンパ腫】9月30日 抗がん剤始めました ~1クール目(2/13)

 

 

――【リンパ腫】1クール目(3/13)・つづく――

文:miyakonokaori

――次話――

――前話――

まとめ読み|抗がん剤治療 ②- 1クール目(前半)
この記事は、まとめ読みでも読むことが出来ます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、週刊Withdog&Withcat【2018.3.4版】に掲載されています。

――この章の1話目です――

――この連載の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。