猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

【リンパ腫】10月29日 抗がん剤お休みの週 ~1クール目(13/13)~

「その日」がくるまで生きようず!
f:id:masami_takasu:20180201195113j:plain文:miyakonokaori (本記事は2013年に執筆されたものです)

火曜日になりました。
通院日です。

とはいえ、今日は抗がん剤はお休みで、血液検査のみ。

で、今回の成績発表(血液検査)でございます。
(カッコ)内は猫の基準値です。

PCV【赤血球率】  31 (32~45)
WBC【白血球数】 187 (55~195)
RBC【赤血球数】 611 (550~1000)
ヘモグロビン   9.7 (8~14)
血小板数     45.6 (30~80)
総蛋白      5.4 (5.4~7.8)

分葉核好中球  10846 (2500~12500)
リンパ球    6919 (1500~7000)

ほぼ正常範囲内です!!

骨髄抑制のかかるドキソルビシンで、ヘマトクリット31%でいられているのは、
やはりサプリのおかげもあるんでしょう。

よしよし、この調子でいこう。

 

f:id:masami_takasu:20180201195206j:plain

この日のお会計は、

診察料、検査費、内服薬などで、
あわせて、¥8,827円

4ケタの数字にホッとするね…

と、上機嫌で帰宅したのですが、夜になって、猫さんは下痢。
その後、食べたものをすべて戻しました。
治療を開始してから、はじめて吐いたな……

もう病院も時間外だし、吐いたら落ち着いたので、とりあえず様子を見ることに。
抗がん剤を打って一週間経つので、副作用ではないと思うんだけど、なんだろうな…

猫さんはしばらく眠ったあとは落ち着きました。
そして「出した分、取戻しちゃる!」と言わんばかりに、
猛然とカリカリを食べ始めました。

難しいなぁー。
穏やかにしていたのでつい忘れてしまいがちだけど、
リンパ腫はやっぱりものすごく難しい病気なんだよなぁー。

引き続き、注意していこう。

 

――【リンパ腫】1クール目(13/13)・おわり――

※2クール目に続きます。

文:miyakonokaori

――次話です――

――前話です――

――この章の1話目です――

――この連載の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。