猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

【リンパ腫】1月18日 瞳孔 ~レスキュー(5/7)~

「その日」がくるまで生きようず!
f:id:masami_takasu:20180726154952j:plain文:miyakonokaori (本記事は2014年に執筆されたものです)

今日になっても、猫さん、やはり瞳孔が開いたまま。

前回、I先生に話したときはスルーだったので、気にしなくていいようにも思うし…
でもどうにも気になるし…

飼い主はモヤモヤです。
f:id:masami_takasu:20180726154254j:plain
たいへんやな

一日でも長く、穏やかでいてほしいからね。
少しの変化も見逃しませんよ、飼い主は!

ツイッターで訊いてみたところ、
親切なフォロワーさんがわざわざ獣医さんにお電話をしてくださいました。
両目ともに瞳孔が開いているので、リンパ腫が眼球に裏に回ったというわけではなく、
おそらく神経性のものではないかということでした。

 

f:id:masami_takasu:20180726155410j:plain

新しい薬剤を入れましたし、お薬も大きな下痢止めの錠剤が入ったりして、
(そういえば前回も下痢止めのお薬のあとで、こうなってました)
猫さん的にもモヤモヤしていたのでしょう。

それに、ここのところ下痢をしたり、治ったりで、おなかの違和感もあり、
神経が過敏になっている可能性が高そうです。
ただでさえ神経質でビビリの猫ですしね。

このあたりは心当たりがあるので、納得できました。
というわけで様子見です。

いやー、猫さん以上にビビリの飼い主ですが、おかげさまで不安な夜を過ごさずにすみそうです。
ありがたいことです。

とにかく、猫さんがいつものペースを取り戻し、落ち着けばきっとまた目も戻るはず。

気休めかもしれませんが(いや、絶対気休めだけど)
ヒーリング効果があるという噂のモーツァルトをBGMにかけてみました。

癒されるわー
f:id:masami_takasu:20180726154507j:plain
おや、寝ていらっしゃる。
モーツァルトのヒーリング効果、証明できたな!

今夜も食欲増進剤はお休みするかな。
なんとかゆっくり、落ち着いて眠らせてあげたい。

 

――【リンパ腫】レスキュー(5/7)・つづく――

文:miyakonokaori

――次話――

――前話――

まとめ読み|抗がん剤治療 ⑧- レスキュー1回目
この記事は、下記のまとめ読みでも読むことが出来ます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の1話目です――

――この連載の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。