猫の話をしようか

Withcat 猫と飼い主の絆について

外猫にだってお母さんはいる ~猫宅のお話をしましょう(その 6)ちび茶、はは~【野良猫だって猫】

猫宅・44の物語 6話
今回のお話は:ちび茶(ちゃー)と、はは
f:id:masami_takasu:20181229194547j:plain

撮影&文|女神
 

月を保護し、猫宅は合計6にゃん。ずいぶんと賑やかになりました。

さてその頃我が家の周辺には、外猫さんが沢山いました。
うちでは、その大勢の猫さんのお世話をすることはありませんでしたが、ある理由で、ちゃーにだけはご飯を上げていました。

ちゃーは第3話で登場しましたが、華と雪の母猫で、正式にはちび茶と言います。
ちゃーと愛称で呼ぶことが多いのです。

今日は、このちゃーのお話をしようと思います。

ちゃーはある日突然現れたのではなく、この子にもお母さんがいました。 通称 ”はは” と呼ばれる子で、とても子供思いな猫でした。ちゃーのお話の前に、この はは についても触れておきます。ちゃーに繋がるとても大事なお話です。

はは はご近所の猫好きなおじいさんが飼っていた子だと思われます。
その方が亡くなってしまい、ご飯を貰うことが出来なくなったために、私がお世話をするようになりました。

はは はある日、出産をしました。私は子猫がいることを知っているのですが、はは の警戒心が強いために、お世話をしてあげたくても、子猫に近寄ることができません。
そこで、考えた末に魚肉ソーセージを はは に与えることにしました。
何故なら魚肉ソーセージならば、その場から子猫のところに運びやすいからです。

最初は小さくちぎって はは に食べさせて、その後に一本を丸ごとあげるのです。
すると はは はそれをそのまま咥えて我が子のいる場所まで運びます。後ろを気にしなから、誰も後をつけてこないか時折振り返る姿が健気でした。

そしてその子猫達が大きくなった頃、はは は深夜に私の家の前に現れるようになりました。 母猫の後について、子猫はちょこちょことお散歩です。

ある日の夜 一台のバイクの音が聞こえた瞬間、嫌な音が聞こえました。
慌てて窓から外を見ると、子猫は居るのにはは が居ません。急いで外に飛び出した私は、辺りを見渡しました。しかし はは の姿はありません。

そのまま周囲を探すと、車の下で横たわっている はは を見つけました。
猫は体を痛めた時、その場所で息を引き取るのではなく、少し移動して息絶えると言うことを後で聞きました。 はは は我が子を守り、この世を去ったのです。

その時私は はは に、子供たちの事は 守るからと約束しました。 その子がちび茶とちび白です。

冒頭に書いた、ちゃーにご飯を上げていた理由がこれです。

 

f:id:masami_takasu:20181230094350j:plain

ちゃーの話に戻りましょう。

このちゃーはやがて、自分も母猫になります。産んだ子は華と雪と風(ふう)の3匹で、風だけが雌です。

華と雪は既に保護して猫宅に。しかし風は捕獲ができず、外猫のままでした。
ちゃーと風の避妊手術も考えたのですが、2匹とも野生の血が強くて捕獲することができませんでした。風に至っては目が会うだけで逃げて行く始末です。

そんなある日――、あれは夏の余韻が残る暖かい日だったと思います。
何を思ったのか、ちゃーが私の後を追って猫宅に付いてきました。そして玄関を開けると中に入ったのです。私はこのままこの子を保護できると思いました。

そっと玄関の扉を閉める私――
しかし外で産まれ外で育った子は、なかなかうまく家猫にはなってくれません。
猫宅に入ったちゃーは、怖さの余り家中を走り回り、編み戸にぶら下がり凄い声で泣き叫びました。

「どうしよう?」
私は、このままではちゃーが可哀想と思い、玄関を開けてやりました。ちゃーはそのまま外に飛び出して行きました。

そしてこれが、ちゃーを保護できる最後のチャンスになってしまいました。

再び外を駆け巡る母猫ちゃーと、娘の風。

男の子の猫は、発情期になると女の子を求めて集まって来ます。
ちゃーと風を狙っている子もいました。

白黒のジャック 、茶トラのボス(この子は家は有ったけど何故か外猫)、シャム系の子 白黒のポリスです。この3匹は、鉢合わせになると決まって縄張り争いから喧嘩が始まります。その声を聞く度に、私はほうきを持って外に飛び出したものです(笑)

そんな日が過ぎるうちに、毎日ご飯を食べに来ていたちゃーと風のお腹が、大きくなり始めました。そして出産。

猫はだいたい2ヶ月程で出産するそうです。
はち切れんばかりのお腹になると、ご飯の時間になっても姿をあらわさなくなり、1日 2日 3日目辺りにようやくご飯を食べに出てきます。 なのでだいたい子猫が生まれた時期はわかります。

この時にちゃーが産んだのは5匹。うち1匹は私が名前を付ける前に交通事故に遭い、残り4匹には、あずき、陸、海(かい)、空(くう)と名付けました。

あずきはやがて私が保護することになり、空は自分から猫宅にやってくるのですが、それは次回の記事でお話をしましょう。

海は交通事故に遭いお星様に。陸は1度は猫宅に入ったのに外に飛び出して、そのまま帰って来なくなりました。それもまた次回に。

ちゃーと風も、また後の話に登場してきます。

これは海の写真です
f:id:masami_takasu:20181230151619j:plain

さて、ちゃーの姉妹猫だったちび白は――
ボスと呼んでいた子と仲良く一緒に居たのですが、この子も事故に遭いお空へ。
その時病院で、お腹に赤ちゃんがいることを告げられたのですが、そのままお腹の中に残しました。 産まれていれば初産でした。

外猫にとって外界は、危険が一杯なのです。

● ● ●

実を言うと、うちには外猫の写真はほとんどありません。
なぜかというと、外猫は写真を撮るといなくなるというジンクスがあるのです。
扉と記事内に使ったのは、ちゃーとよく似た、『小麦』という子の写真です。

下の写真は、唯一撮影した外猫で、はは と ちび白 だと思います。

f:id:masami_takasu:20181230104124j:plain

● ● ●

今回は写真がとても少なかったので、最後にクリスマスの時の猫宅の写真を掲載しておきます。

クリスマスのご馳走で、まぐろをあげました。
あっというまに完食です。

メリークリスマス
f:id:masami_takasu:20181230104757j:plain

f:id:masami_takasu:20181230104819j:plain

 

――つづく――

作:女神
 ▶女神:全作品のご案内
  

――次話――

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

 おすすめ記事です