猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

【リンパ腫/終末期】3月7日 朝 転院・緩和治療スタートの朝 ~緩和(1/14)~

「その日」がくるまで生きようず!
f:id:masami_takasu:20190119130530j:plain文:miyakonokaori (本記事は2014年に執筆されたものです)

おはようございます。
飼い主は、昨日、久々に長い間眠ることができました。

今日から、猫さん、ちょっと離れたMペットクリニックに転院です。
昨日の時点でマッチテストを終え、病院の猫ちゃんの血も到着していると思います。

点滴用の管が入っているので、
ピンクのバンド巻いてます。

f:id:masami_takasu:20190119025722j:plain

何も食べていないのに、猫さん、今朝も気持ち悪そうに口をくちゃくちゃさせたり、歯ぎしりをしています。
いろいろ、しんどいな……。
なんとかして、この気持ち悪いのを解消してあげたい。

今朝は猫さんとたくさん話をしました。
これからいつもよりほんのちょっと遠いところに遠足に行くことになるよ。
遠足の先では、おかーさんはいっしょにいられないけど、でも遠足に行ったらいつもつらいのがよくなるから、頑張れるよね。

今日は、お友達が血をくれるんだけど、それをもらったらかなり楽になれるよ。
またいいお部屋(酸素室)に入れてもらって、ごはん食べられるようになるまで頑張ろうね。
絶対、大丈夫だからね。
世界一かわいい子。大好きな子。

猫さん、じっと聞いていてくれました。
f:id:masami_takasu:20190119025751j:plain

なぜか今日の画像はどっちもボケてしまった。
こういうのひとつとっても、飼い主は不安になるというね……
たぶん、闘病中のペットのいる飼い主さんなら、わかってくださるかと。

今朝もカーテンを開け、空を見せました。
「3月7日の朝だよ」
そう言うと、猫さん、しゃんと首を伸ばして、空を見ました。

今日は猫さんにとって、かなり頑張らなきゃいけない一日。
どうかどうか、たくさんの力が猫さんを守ってくださいますように……

 

――【リンパ腫】緩和(1/14)・つづく――

文:miyakonokaori

――次話――

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この連載の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。