猫の話をしようか

なかなか聞けない猫の話。こっそりおしえる猫の話。

【看取り/送り】3月15日  猫さんのお誕生日 ~天使の章(2/8)~

「その日」がくるまで生きようず!
f:id:masami_takasu:20190214124018j:plain文:miyakonokaori (本記事は2014年に執筆されたものです)

今日3月15日は、猫さんの8回目のお誕生日です。

生きている間には迎えられなかったけれど……
でも、苦しみから解放されて、去年と同じように、ご機嫌でいてくれているかもしれません。

いえ、きっと、ご機嫌さんなはずです。

毎日、猫さんは夢に出てきてくれます。
今日はいっしょに、パイを食べました。

猫さんは人間の食べものは一切、口にしなかったのですが、おやつだけは、ほんのちょっとだけ、いっしょに食べたがりました。
あのふわふわつるつるの毛並みを撫でさせてくれて、私の横で、うまうまとパイのかけらを食べていました。

今日は骨箱を抱いて(といっても、いつも抱いてますが 《笑》)、バルコニーへ出ました。この骨箱、抱くと、ほんとに猫さんを抱いていたときのように思えるんですよね。
慰められます。

「3月15日のおちょら(お空)だよー」
と、闘病中と変わらぬ言葉をかけたあと、
「お誕生日おめでとう」
と言いました。

そのとき、ふわっとあたたかな春の風が吹いて、私の頬を撫でました。
きっと思いが伝わって、お返事をしてくれたんだな、と思いました。

そして――
また涙が止まらなくなりました。

幸せだったなぁ…
楽しかったなぁ…
また、会えるかな…
会いたいな…

でも、今はちゃんと天国にいることを祝福しなくては。

3月15日
天使猫・ソーニャ8歳のお誕生日
f:id:masami_takasu:20190214124526j:plain
あの子のいる空は、
雲一つない、素晴らしいお天気です!

おかーさんは今日も生きていくよ。
見守っていてね。

 

――【リンパ腫】天使の章(2/8)・つづく――

文:miyakonokaori

――次話――

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この連載の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。