猫の話をしようか

Withcat 猫と飼い主の絆について

【まとめ】私の空、マナ! ① ~あなたの名前はマナよ~【はじめての猫】

二人の出会いは突然に(1/2):1話~5話
私の空、マナ_扉

Review
カテゴリー:エッセイ
作者:あおい空

はじめて一人暮らしをはじめた作者。節約のために見つけた物件は、長屋風の作りのオンボロアパートでした。テレビも洗濯機も無い生活がスタートするのですが、作者はその場所がいたく気に入ります。

まるでボンビー(貧乏)生活を楽しんでいるかのような、いや間違いなく楽しんでいる作者。しかし、2年が過ぎると、一人暮らしの寂しさは頂点に。
そんなときに、作者は子猫と出会うのです。
人生のパートナーとも言える運命の子、マナと。

本作はマナと、自らをマナの同居人と称する作者との触れ合いを描く実話エッセイです。

――本まとめ読みの内容は――

第1章(全10話)~二人の出会いは突然に~ その前半です。

本章では作者とマナとの出会いを中心に展開します。
元々犬派で、猫を飼った経験のない作者は、好奇心と驚きの中で猫と言う生き物をを知ることになります。

さて、どうなる? マナと同居人。

 二人の出会いは突然に

1話|1章(1/10)|ボンビーな一人暮らしと、不思議なアパート

初めての一人暮らしで選んだのは、長屋風の安い物件でした。
テレビも洗濯機もなく、私のボンビー生活がスタートしたのです、
気づけばそこは、不思議なアパート。
愛すべき隣人たち。
でも、2年が過ぎた頃にはもう――
私の淋しさは限界でした。

2話|1章(2/10)|えっ! どこから来たの?

一人暮らしの淋しさが頂点だった私。
どこからか、子猫の鳴き声が――
降り続く雨が気になって見に行くけれど、姿はありません。
翌朝――
いた!お隣の庭に。
部屋に連れ帰った私。それが運命の子、マナとの出会いでした。
「1分でも早く帰らなくては!」
そんな私の日々が、こうして始まりました。

3話|1章(3/10)|あなたの名前はマナよ

子猫を動物病院に連れて行った帰り道、事件が起きました。
交差点で子猫が袋から飛び出し、藪に消えたのです。
幾ら探しても見つかりません。
諦めかけて空に祈った私。
「みゃー」という声が聞こえたのはその後でした。
マナは、天からの贈り物なのです。

4話|1章(4/10)|ボンビーな飼い主とマナ、タクシーに乗る

マナのお母さんになった私。
大切な仕事ができました。
「ミルクを作ってあげなきゃ」
猫未経験の私は、ミルクのことまで人に教えてもらいました。
だから、思い出深いのです。
ひとりぼっちだった私は、家族のごはんの用意ができます。
もう一人じゃない。

● 

5話|1章(5/10)|猫は寄り添うもの

子猫のお世話が始まって疲れたのか、高熱を出した私。
でも、マナがずっと枕元に付き添ってくれました。
猫って、そういうもの?
そしてマナ――
トイレを覚えたはずなのに、布団が濡れている。
粗相はそれから1か月も続きます。
でも、嫌ではなかったな。

 

【予告】猫の日の新連載について

――作品公開前(2月20日)の予告です――
明後日、2月22日の #猫の日 には、全国で色々な猫イベントがあるのだそうです。猫好きさんは、楽しみですね。
Withcatでもこの日に合わせて、新連載がスタートします。
題名は――
明日、お知らせします。
#にゃんにゃんにゃんの日
#猫の日

f:id:masami_takasu:20190224085031g:plain

――二人の出会いは突然に・まとめよみ(1/2)・つづく――

作:あおい空
 ▶あおい空:猫の記事のご紹介
コメント:高栖匡躬 

――次のまとめ読み――

 おすすめのまとめ読みです

 

© 2017 Peachy All rights reserved.